27.01.2015 16:14 - in: チーム S

      20150121_01

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      昨日の続きです。これまでのユベントスの2014/2015の結果は、ユベントススタジアムでパルマに7-0という信じられない結果で始まります。

      イタリアの貴婦人は11月に月に2回目のセリエAでのエンポリとの2-0の勝利で勝ち星のスタートに、古くからの敵パルマに対するこの時ユベントス・スタジアムで忘れがたい午後になることが証明されました。

      マッシミリアーノ・アッレーグリの男達は、魅力的であったフェルナンド・ジョレンテ、カルロス・テベスとアルヴァーロ・モラータにシュテファン・リヒトシュタイナーのさらに豪華なストライクの礼儀がトリノで7-0でパルマをぼうっとさせた。

      それから、国際的な中断があったが、ユーヴェは勢いを失わう、彼らがスタディオ・オリンピコでのラツィオ戦でポール・ポグバのインスパイアを受けた3-0の勝利し、ローマの拠点をのチームに剣がしっかりと置かれたので、テベスのカーラーを、フランス人は手に入れました。

      ダービーマッチは地球中でどんなクラブにも特別です、11月末の最大のライバル・トリノとのユベントスの対戦は少しも異なりませんでした。
      ブルーノ・ペレスのの努力がアーテューロ・ビダールのものを封じたあと、アンドレア・ピルロは最後になされる勝者とユーヴェを間を、ホームグラウンドの少し先に進むために、その信じられないほど動き続け勝利しました。

      12月が姿を現し、次々来る試合でユヴェントスはズタディオ・アルテミオ・フランキで勇ましいフィオレンティナ一に、豊かなフローレンス雨の中で0対0の引き分けを喫しました。

      月の中旬で、飛ぶ鳥を落とす勢いのサンプドリアは、ポジティブな結果を最初のセリエAでユベントス・スタジアムで2013年5月のカリアリ以来残しました。
      パトリス・エヴラは後半に白と黒のユニフォームでの最初のゴールでホストに有利にし、元ユーヴェのマノロ・ガッビアディーニは均等に勝利を確実としました。

      彼らがスタディオ・サンエラでカリアリからの3-1の勝利でスタイリッシュに2014年を終えた様に、イタリアの貴婦人が 勝利の道に戻るには長くかかりませんでした。
      テーブルの上席のテベスとジョレンテのゴールは、アッレーグリと選手が年を終えることを確実としました。

      新年はより多くの挑戦を提供して、イタリアダービーのライバル・インテルとの2015年の初めての試合で狡猾な方法を証明しました。そして、テベスの11回目のゴールをインテルはマウロ・イカルディのゴールで1-1に引き分けました。

      そして、2000年9月から勝ちがなかったサンパウロでのナポリ戦でユーヴェが南に進軍した時に、ユーヴェはもう一つの厳しい展開に直面しました。

      しかし、忘れられない3-1の勝利で勝ち点3をトリノに持って帰ることで、アッレーグリのチームは、ナポリでの無勝利の疫病神を追いやりました。
      ポグバ、マーティン・カセレスとバイタルエリアの選手は攻撃してくる相手の選手を中に入れない事に成功し狙い通りでした。

      1月中旬、シーズン前期最終戦の相手エラス・ベローナは、突撃し続けるユーヴェ特急止めることができませんでした。
      4-0の勝利し、現時点でのリーグ得点王のテベス、ポグバとロベルト・ペレイラがローマに対して勝ち点5点差を広げました。

      19の試合は現在ユヴェントスをこれまでのタイトル・レースで来る多くの紆余曲折から切り離します、そして、このステージは面白いドライブ『フィノ・アラ・ファイン』を設定します。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK