27.01.2015 16:11 - in: チーム S

      20150125_01

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ポール・ポグバの4回目の勝利に導くゴールとシュテファン・リヒトシュタイナーの得点は今日午後のキエーヴォ戦を2-0でユヴェントスは勝利しました。

      後半のポール・ポグバとシュテファン・リヒトシュタイナーのゴールからユーヴェが今日の午後ユヴェントス・スタジアムで調子の良いキエーボから2-0の勝利しました。

      ユヴェントスは固く集中したディフェンスを敷いたキエーボに試合中60分間を通して攻撃をし続け、得点の機会を待っていました。

      そして、彼らの忍耐はポグバのペナルティエリアの外でから作り出した得点で清算し、残留争いをしているアウェイチームの希望をくじきました。1点目の14分後、交代で入ったリヒトシュタイナーがポグバの近距離からシュートがこぼれたのを押し込み、2点目を挙げました。

      ユーヴェは、開始7分で試合を優位にするつく2つのチャンスを作りました。
      最初にロベルト・ペレイラは相手キーパーのアルバーノ・ビッザルリのゴール前での動きが速いと察知し、
      パトリス・エヴラのクロスから生まれた、コーナキックからのジョルジョ・キエッリーニのヘディングはバーの数センチ越えていきました。

      一方的な前半のユヴェントスはハードワークしました。しっかりと組織されたキエーヴォの守備は、ただ人数を揃えるためにトリノにいるわけではない事を示しました。

      これは、ユーヴェが彼にチャンスがなかったと言う事ではありません。
      21分、キエッリーニのヘディングが外れた後、アルヴァーロ・モラータは再三試合を動き、守備をし、ファーポストの向こう絶好の位置のマーティンカセレスにクロスを上げました。

      復帰したアルトゥーロ・ビダル(扁桃腺炎から完全復帰)は27分に彼の運を試すことになっていました。
      そして、エリアの外からゴールの方へ力強いシュートをアーチ形に描いたがビッザルリがダイビング・セーブをしました。

      プレッシャーから、前半の最後の15分、エブラとニコラ·フレイのヘディングの競り合い中の衝突で後者を担架で一度外へ出ました。

      ユヴェントスは後半ペースを上げます、インフルエンザになったアンドレア·ピルロが出ない場合にクラウディオ·マルキジオがユヴェントスの試合を組み立てます。
      ユヴェントスは素早く攻撃を組み立てたが、の背番号8の20ヤードのドライブシュートは運悪くにポストを過ぎて外れました。

      それから、ビダルにチャンスが訪れました。エブラが退場したので狙いが落ち着かず、彼の代わりに動きました。

      時計が60分を指した瞬間に魔法が突破口を開きました。ポグバは無限のレパートリーから傑作を生む様に得点しました。

      フットワークで相手選手を抜去り、左足から放たれたシュートがビッザルリを通り過ぎ止められず得点。  

      ポグバは再び14分後にシュートしましたがビッザルリによって一度セーブされます。途中交代で投入されたリヒトシュタイナーがファーポストで待機していたのでこぼれたボールをゴールしました。

      後半キエーヴォはエセキエル·スケロットのエリア内からのシュートをポストに当てたが、ユヴェントスは勝ち点3点と二試合連続無失点の勝利を得ました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK