06.05.2015 06:26 - in: チーム S

      Advantage Juve in Champions League semi

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      今シーズンのチャンピオンズ・リーグ準決勝、クリスティアーノ・ロナウドに同点にされるもアルバロ・モラタとカルロス・テベスのゴールでユベントスはアドバンテージを得ました。

      ユベントス・スタジアムでのチャンピオンズ・リーグ準決勝、アルヴァーロ・モラタとカルロス・テベスの2ゴールは、来週のレアル・マドリードとのセカンド・レグで引き分けから始められる2-1のアドバンテージを得ました。  

      夢の様な時間が始まり、開始8分にモラタのゴールでリードしますが、ロナウドが前半の中頃に至近距離からのヘディングシュートで同点にします。

      同点で迎えた後半、56分、ユベントスはテベスがカウンターで攻め上がるとダニ・カルバハルがエリア内で倒してしまいこれがPKに。

      テベスは、ゴール中央へ真っ直ぐボールを放ちイケル・カシージャスは止められず、ヨーロッパの名門クラブ同士の壮絶な試合の決勝点になりました。

      ショッキングな試合開始、積極的なユベントスは8分にテベスがエリア内でシュートを放つもカシージャズがブロック、これをモラタが押し込んで先制点に。

      先制点で刺激されレアルは立ち直ると、3分後にイスコが、12分にトニ・クロースがゴールを脅かすもジジ・ブッフォンがニア・ポストで阻みます。

      アルトゥーロ・ビダルが中央での活躍でユベントスは攻勢しますが、
      27分にハメスのクロスをペナルティーエリアでロナウドが頭で合わせ同点に。

      これでユベントスは反撃にでるも、チャンスはレアルに続きます。
      エリア内でイスコの鋭いクロスからハメスがゴール付近からヘディングをシュートも辛うじてクロスバー。

      前半の試合内容は後半も引き続き行なわれます。ユベントスは、落ち着きを取り戻しアクセルを緩める事はありませんでした。
      レアルのプレッシャーをかいくぐり、ユベントスは素早いカウンターでチャンスを作ります。
      そして、テベスがチャンス奪い取ります。

      カルバハルとの一対一にテベスは、引っ張られてしまいファウルに。57分にゴール中央へPKを決めて2-1と引き離します。

      レアルの追撃に対し、印象的なチャンピオンズ・リーグデビューを飾ったステーファノ・ストゥラーロがアンドレア・バルザァッリと交代し、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、3バックへディフェンスラインを変更します。

      試合終了へ時間は進み、カルロ・アンチェロッティは攻撃に厚みを持たせる戦術に変更します。
      しかし、この戦術変更はユベントスのカウンターを受けやすくなることに。

      途中交代のフェルナンド・ジョレンテに2度のチャンスが訪れるなど、ペースを掴み試合を進め、
      ユベントスは、ヨーロッパでの戦いの夢を進める1歩のためのリードを守りました。

      来週、世界中の目がスペインの首都へ移り、ユベントスは6月のベルリンへのチケットを掴むためにレアル・マドリード逆襲をかわす事を望みます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK