09.06.2015 07:24 - in: チーム S

    Agnelli: “An extraordinary season”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    「私達は、今年成し遂げたものを、非常に誇りに思います」

    ユベントスの長い、スリリングなシーズンが終わりに近づいた今、アンドレア・アニェリ会長は、この一年を分析をするために記者会見をユベントス・スタジアムで行ないました。
    2週間前に33度目のスクデット・トロフィと、ローマで獲得したコッパ・イタリアをユベントス・スタジアムで報告しました。
    そして、チャンピオンズ・リーグ決勝でバルセロナに敗れ失望感があったにもかかわらず、たいへんな満足感がありました。

    「我々は、今年成し遂げたものを、非常に誇りに思います。
    ベルリンでの試合後、それぞれの思いがあります。
    明らかに、他の試合の様にチャンピオンズ・リーグ決勝で勝つ為にプレーする事は、我々がヨーロッパで到達したかったレベルに戻ったことを示していると私は思います。
    我々は他のどのチームよりも多くの決勝で負けた事があるというのは本当ですが、少なくとも、我々は決勝での戦いについて後悔してはいけません。
    他の例えばマンチェスター、アテネとミュンヘンでの敗退は苦々しい感覚を残しましたが、ベルリンでのチームの戦いは将来への大きな出発点になります。」
    と、アニェリ会長は切り出しました。

    「我々は、印象的な走りで決勝を戦いました。
    ドルトムント戦とレアル・マドリードとの準決勝が、我々のシーズンの分岐点となり、余裕のある気持ちででバルセロナとの試合に入ることができました。
    4分で失点したが、我々はゆっくりと立ち上り、同点弾を決め、優れた20分間で、試合に勝つ可能性も掴みました。

    これは我々が成し遂げる事ができると自信を与えます。次のチャンピオンズ・リーグ決勝は近くであるミラノで行なわれますが、我々は間違いなくそこへ行けると考えるべきではありません。
    我々は挑戦します、しかし決勝進出者は毎年変わり、決勝へ進出する事はとても難しいです。
    4または5試合で決勝トーナメント1回戦への切符を手にし、我々はより穏やかなにグループ・ステージを勝ち上がりたいです。
    2年前にレアル·マドリードとマンチェスター·ユナイテッドは決勝に進出できる潜在的な力があったが、ベスト16で対戦してしまった為1チームは敗退しなければなりませんでした。
    ですので、私達が更に進む為には良いチームを作るとともに、くじ運も必要です。」

    それから、アニェリ会長は、今シーズン、チームが獲得したトロフィーの彼の誇りについて話しを続けました。
    「我々は、10回目のコッパ・イタリアと33回目のスクデットを獲得しました。
    驚異的なシーズンとなり、私はクラブを運営して来たジュゼッペ・マロッタ、ファビオ・パラティッチそしてパベル・ネドベドとクラブの一員へ感謝のみです。
    昨年の夏、ちょうど2日間で我々が数年前に行なって来た旅を続けるための解決案を見つける際、彼らはプロ意識と落ち着きで全てを示し、7月16日に、我々は新任の監督としてマックス・アッレグリを迎えました。
    監督としてチームに入った人は誰でも巨大なプレッシャーの下に置かれますが、彼のユーヴェの歴史的な瞬間を受け入れる際に示した勇気に対して、私は彼に感謝しなければなりません。
    彼は静かな態度と共に自分の方法で働き、どうにかチームを更に良くする事が出来、そしてこの結果が彼が行なった全てです。」

    会長は、クラブの他の役職のスタッフへも感謝の言葉をかけましたリ
    「CEOと全ての仕事を監督している最高財務責任者アルド・マッツィアとリアル・エステートとコンティナッサ開発チームにも感謝したいです。
    プロジェクトは3年以内に開始されなければならない、我々がヴィノーヴォ地域と適切なアカデミーで真のユベントス・ハブを作製します。

    私はまた、最高売上責任者フランセスコ・カルボが運営するチームへも感謝したい。そして、収益を生み出し、毎日、我々が品質に関して次の段階へ進む活動に関与している全ての部署を監督します。
    通常、フットボール・クラブについて考えるとき、まるでチームが3つの個であるように、クラブ、コーチ陣とチームの区別をします。
    しかし、ユベントスは、全ての同じものです。全員が仕事をし、孤立していません。
    これが違いを生みましたし、私のいとこジョンの強力なサポートで、2013/14シーズンで€315mの取引高を生み出す事が出来ました。そして、我々はフットボール分野でヨーロッパで大きなチームになる事が出来ます。
    重要な事は、この火力をしっかり管理する事ができるかです。」と、アニェリ会長は言いました。

    ユベントスは現在、確実にビジネスを管理しています。そして、成功したシーズンを楽しみます:
    「我々は獲得するトロフィーの量でシーズンの成功を審査する事はできません、しかし、我々が春のスタートまでに全ての上で戦いに面しています。
    当然のことながら、目的は我々のDNAの中に常にあるように、我々が参加するあらゆる競争に勝つことです。しかし、ユーヴェの為に働く人々の結果を審査する時、例えばビジネスの目的への実現のため、私は異なる評価をしなければなりません。
    ごく最近の優れた仕事は、アディダスとの契約、Jeepとの再契約、そして一番新しい物としてメキシコのテカテとの契約です。
    それは本当のリーダー群を導くことは私の特権ですし、成し遂げる事ができた結果に対し取り組んでくれた、ユベントスの全員に感謝したいです。」

    それから、話題はスポーツ政治へ向きました。それはアニェリ会長とユベントスを比べて他のクラブとの匹敵を見ます。
    「私は、カール・ハインツ・ルンメニゲが議長のECAの取締役の4年目になります。
    私には、第1、第2、第3及び第4段のヨーロッパのチームの状況について学ぶ機会がありました。
    これら全てのクラブは注意に値し、彼らと、我々は全てののレベルでフットボールを進展のために働きます。
    それから、プラティニとインファンティーノによって運営されるUEFAがあります、私がクラブ・コンペティション委員会のメンバーであり優れた関係を保ちます。

    「国家レベルでレガと連邦のフットボールの問題に焦点を置くべきでありUEFAへECAが何を表しているか。
    機関団体はフットボーラーに運営されるべきだがクラブはビジネスのマインドを持った人が運営しなければいけませんし、そういった人は問題をよりよく知っています。
    第1に、イタリアではスポーツ施設と適切な計画が欠如しています。
    リーグ改質の話がありますが、レガ・プロ、セリエAとセリエBのシステム以外にありますか?
    そして、テクニカルな現場の役割は何ですか?
    私には、まだそれが見えませんが、私達には中長期の計画が必要です。
    レガで、我々は€400,000をゴール・ラインへの技術へ投資することに満場一致で票決し毎年2つまたは3つ起こる事を解決しました。しかし我々はダービーで正確に何が起きたか解りません。
    ここユベントス・スタジアムで、我々はその投資の半分で、パノメラ・ビデオ・カメラを設置しました。これはスタジアム内でなにが起きているかリアルタイムで記録し、安全を保証して、当局が迅速に解決する事を確実にします。
    我々の優先順位に関し困惑したままです。」と、アニェリ会長は結論しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK