02.02.2015 04:40 - in: チーム S

      Allegri: “A fair result”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      今日の午後のスタディオ・フリウリでの最終的な結果に不安は無いとマッシミリアーノ・アッレグリは話しました。

      今日の午後、勇ましいウディネーゼ戦での通常の試合内容に達する努力を目撃した事は、ウディネでの最終的な結果は不安ではないと、マッシミリアーノ・アッレーグリは言いました。

      スタディオ・フリウリでの0-0引き分けの後、このトスカーナ人監督は話します。
      激しい前半で、ユーヴェが熱狂的なプレーをしボールをポゼッションしつづけた事に失望したことを明らかにしました。

      アッレグリは言いました。「それは、公正な結果です。少なくとも35分まで、前半我々はひどいでプレーでした。
      我々はボールを渡し、何度か危険を冒しました。我々の3人のディフェンダーとピルロが自分たちエリア近くでボールを回していたことから、我々の困難が生じました。
      私たちのプレーはあまりに急ぎました、そして、我々はカウンターを食らいました。
      後半において立て直す事ができました。そして、敵陣のさらに奥へボール動かしました。
      我々が技術的にミスをしていた間、ウディネーゼはたくさんの強いプレーをしました。」

      今日の午後の試合から1つ良かった所は後半交代したのアルバロ・モラタの活躍でした。そして、モラタは最後の20分での精力的な動きで監督から賞賛されました。

      「モラタはいつも、ベンチスタートかスターティングメンバーですが、彼には得点する可能性が常にあります。
      我々の3-5-2を理解するストライカーが必要だったので、私は今日ジョレンテを選びました。
      特に試合開始直後、彼は、良いシフトを入れてくれました。」

      出来るだけ早く勝利への道へ戻り、勝ち点を積み重ねローマに差を付ける必要があるとアッレグリは強調します。

      「まだまだ勝ち点を取ります。我々は取れる限りの勝ち点を得る為に挑戦する必要があります。50点はリーグ優勝には十分ではありません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK