16.02.2015 05:57 - in: チーム S

    Allegri: “A missed opportunity”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリは、ディノ・マヌッツィでの2-2のドローを分析します。「我々がチェゼーナに対してリードし続ける事ができなかったのは残念です。今日勝つことは、スクデットへの重要なステップを意味していました。」

    マッシミリアーノ・アッレグリは、1ゴールでリードを守ろうとしてしまった事がチェゼーナ戦の結果だと言います。

    2-2の同点は、2位のローマを引き離すチャンスを逃した事を意味します。
    ローマはパルマと引き分けたので、勝ち点差は維持されました。

    ユベントスは、この試合さえなくて、チェゼーナから逆転したものの勝ち点3を得る事が出来なかった事実を嘆くと、アッレグリは認めました。

    エミリアロマーニャで監督はメディアに話しました。
    「我々は、今日試合で勝負できなかった。チェゼーナ戦は簡単ではない事は分かっていた。チェゼーナは良い形になっていたし、人工芝はボールが速くなり、バウンドも異なり、それに合わせることができなかった。我々は守備できなかった、競り合いにも勝てず、前半は技術的に多くのミスをしました。」

    「我々は失点した後に、試合の流れをつかみ始めたが、3点目を決めようとせず守ろうとしてしまった。
    ひどい試合でした。スクデットへ決定的な試合になる試合だったのに残念です。」

    残り10分、ステファノ・ルッキーニがペナルティエリアでのハンド判定で得たPKのチャンスを、アルトゥーロ・ビダルが外してしまいユーヴェは、勝つ機会を失いました。

    アッレグリは、ビダルを擁護しました。後半の45分での彼の動きについても話します。
    「ビダルは後半、最も良かった選手の1人でした。よく走り、戦いました。
    彼は調子が良いですが、残念なことに、PKはまた別の話です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK