27.04.2015 09:31 - in: チーム S

    Allegri analyses derby display

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、トリノ・ダービーを振り返ります。「我々はもっと良い結果に値するが、ゴール前での精度の低さとアンラッキーがあった。」

    スタディオ・オリンピコでのデルビー・デッラ・モーレ・トリノ戦でユベントスが勝ち点を奪えなかったのは、不運であったとマッシミリアーノ・アッレグリ監督は言います。

    後半ダニエレ・パデッリの正確なセービングと3つのチャンスを物に出来なかったのは、チームにとって不運であったと監督は思っています。

    試合後アッレグリ監督はメディアにコメントしました。
    「時々、フットボールは考えられない事が起きます。
    最初の試合で94分にゴールを決めて我々は勝ちました、今日は前回よりも良い試合をしましたが、何も手にする事が出来なかった。

    最近の試合の中でも最高のパフォーマンスの1つになる試合であったし、もっと良い結果に値するが、ゴール前での精度の低さとアンラッキーがあった。」

    アンドレア・ピルロの素晴らしいフリーキックの後、アッレグリ監督はチームのピンポイントで改善するべき所を振り替えました。
    勝つために選手たちは我慢する必要があり、前半でアドバンテージをつくらなければいけなかったと思っています。

    「攻撃後、自分自身で難しい試合をしてしまいました。
    やらなきゃいけなかった事は、ディフェンダーの間でボールをキープする事でした。
    無理に2-0にすることもありませんでした。
    試合の中で、忍耐強く戦う必要がある事もあるし、前半リードで終えるべきでした。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK