13.05.2015 17:01 - in: チーム S

    Allegri: “Belief”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、彼のチームがレアル・マドリードとの準決勝セカンド・レグに対しポジティブ考える事を奨めています。「ベルリンまで後95分です、そして、我々がチャンスを信じない理由がわかりません。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督はチームが信頼でチャンピオンズ・リーグ準決勝を戦う様に選手達へ伝えました。そして、3つの結果のうちの2つが6月のベルリン決勝へ連れて行くということを知っています。

    ファースト・レグの2-1の勝利のアドバンテージを持ちユベントスは試合に臨みます。しかし、アッレグリ監督はサンティアゴ・ベルナベウで前回の優勝チームがより良くプレーし完全に異なる試合になると認め、成熟し勇敢なプレーが結果を出す為の鍵だ思っています。  

    スペインの首都で監督はメディアに話します。
    「ベルリンまで95分の所に居ます。そして、我々がチャンスを信じない理由がわかりません。

    また、我々がポゼッションする程、相手の得点機は少なくなるので、守備ばかり考える事はできません。
    ポゼッションは最初の試合で殆ど同じでしたが、この試合では所有率を挙げる必要があります。」

    「我々は冷静な頭脳でプレーする必要があり、モナコとは対照的に、0対0の引き分けを目指しても同じ様な結果を出す事は不可能だと解っています。
    特にレアルのホームゲームでは、試合を支配する事はできませんし、私は彼らが我々にスペースを与えると思いません。
    我々は技術的な見地から勇気と正しく戦う必要があります。」

    アッレグリの予測が正しければ、決勝に進むには、7日前のユベントス・スタジアムで、カルロス・テベスとアルバロ・モラタのゴールに加え少なくとも1ゴール以上が必要になります。

    「全体として技術的な能力だけではなく人格もカルロスは驚異的な選手です。
    プレーをする彼に会うことは常に喜びで、チャンピオンズ・リーグで重要なゴールし素晴らしいシーズンを彼は楽しんでいます。

    「モラタは素晴らしくプレーし試合で一貫性を見つけました。
    重要な技術的な面をチームに提供し、メンタルも成熟しています。
    中3日でプルーすることで若い選手として必要なステップを踏みます。」

    チャンピオンズ・リーグ準決勝に達することは、疑う余地なく、フットボール・クラブとしても監督としても素晴らしい業績になりステップです。

    「監督として最も大きな目的はチャンピオンズ・リーグを獲得することだと思っています。
    自分自身が冷静に知性をチームに提供する必要があります。
    私はこの経験を楽しみ満足していますし、重要な結果を出せることを望みます。」

    また、アッレグリ監督の試合前会見の話題として、カリアリ戦でゴールし怪我からの復帰を長く待ったポール・ポグバについて話します。
    ポグバが必要ならば世界の舞台で彼の気合の為に彼を支持することを、トスカーナの戦術家は明らかにしました。

    「ポールは調子が良いです、そして、私は彼が試合にでるチャンスがあると思います。
    成熟したパフォーマンスでクオリティを示すことが彼はできます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK