20.05.2015 13:19 - in: チーム S

      Allegri eyes Coppa Italia joy

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は、ローマでの決勝戦をプレビューします。「我々は、勝ちたいです。トロフィーを持ち上げる事が、我々にバルセロナ戦に備える熱意になります。」

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、選手達がラツィオに勝利しコッパ・イタリアを手にする為に全力を尽くしていると言い、彼らの気持ちの中にはバルセロナとのチャンピオンズリーグ決勝戦へどのように戦うかという考えもあります。

      今シーズンのコッパ・イタリア最後のハードルをユベントスは越え、完璧な10回目の国内カップ戦勝利を納めます。
      そしてこの勝利の感覚がベルリンでの最終決戦に助けになるとアッレグリ監督は言います。

      首都で監督はメディアに話しました。
      「我々にはプレーする2つの決勝戦があります。それはどちらも同じ様に重要です。
      コッパ・イタリア優勝は、シーズンで二つ目の目標です。
      我々は、カップをホームに持って帰ろうとしています。

      それは難しいでしょうが、我々は勝ちたい。
      驚異的な結果ですし、優勝がバルセロナ戦に備える熱意になります。」

      トスカーナの戦術家は、選手達が力強く2015年シーズンを楽しんだラツィオとの対戦は簡単ではないと認めます。
      そして、シーズン2つめシャーレを納める可能性を最大にするために、フォジカルの調子を整える必要性について話します。

      「明日の試合は難しい、なぜなら一発勝負は、誰でもトロフィーを手に入ることができる。
      イーブンな試合で、おそらく延長戦に入ることもあります。
      ですので、ベンチの選手も含め選手の調子を整える事が重要です。」

      ユベントスは明日先発と、アンドレア・ピルロを使う事を、アッレグリ監督はそれがなぜ重要かについて説明しました。

      「ピルロは先発です。
      バルセロナ戦前に、我々はラツィオと明日試合を行ないます。そして、あと2試合セリエAでナポリとベローナと戦います。
      我々は6月6日まで休むことができませんが、、我々は働き、ピークの状態で決勝へ向かう訓練を行なう必要があります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK