28.04.2015 16:55 - in: チーム S

    Allegri: “Four more points”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は選手達に1つづつハードルを越える事に集中させ、フィオレンティーナ戦へ向かいます。「進み続け最終的に着地する事が重要です。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は4年連続スクデットへの瀬戸際で、ユベントスが1つづつ挑戦に集中する様に主張します。

    勝ち点4点以上が、優勝するために必要な勝ち点になり、フィオレンティーナ戦での勝利が目標へ重要な要素になり、その為には成熟した展開が必要だと監督は思っています。

    ヴィノーヴォでメディアに話します。
    「我々は勝ち点4点以上積み重ねる必要がありて、次の試合で勝ち点3を掴む為には忍耐強く戦う必要がある。
    進み続け最終的に着地する事が重要です。

    1度に1試合づつつ試合を戦わなければいけません。一度に全てに集中する事はできません。
    レアル・マドリードとの対戦は明日ではありません、彼らとは5月4日に戦います。ですから明日の試合に備えハードワークしなければいけない。」

    フィオレンティーナは3連敗を止める為にフィレンツェからユベントス・スタジアムへやって来ます。
    その様なチームとの対戦にアッレグリ監督は選手達に警戒して戦うよう伝えました。

    「トリッキーな試合になります、なぜならフィオレンティーナが良いサッカーをする技術を持っています。
    常にフィオレンティーナとの対戦は、難しくなります。
    我々は勝利への道へ戻らなければいけませんし、我々はチャンピオンにならなければいけない。」

    トリノとのデルビー・デッラ・モーレを振り返り、監督はそれほど選手達のパフォーマンスが悪くは無かったと注意しました。
    そして最終的にファイナルサードでのアンラッキーを結果の主な理由だと言います。

    「トリノに対し良い試合を行ないましたし、特に我々が演出したチャンスはここ最近の数試合の中でも最高のパフォーマンスの1つだったと思います。
    シュートを沢山放ち、3回ポストに当たりました。
    私は、試合内容が結果を反映しているとは思いません。
    ディフェンスで、3つのミスをして、2失点してしまった。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK