30.01.2015 13:28 - in: チーム S

    Allegri Our belief was key

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は、今夜のコッパ・イタリア、パルマとの対決でチームの負けない気持ちを賞賛しました。

    マッシミリアーノ·アッレグリは、今晩の1-0で勝利したパルマ戦コッパ·イタリア準々決勝戦の背後にある重要な鍵は、ユーヴェーが厳しい状況で負けない気持ちで成熟した試合内容を行なえる事だと主張します。

    パルマは確かな方法で最近の困難を追いやると固く決心していました、リーグ首位に対してどのように試合を進めるか早々にアプローチしましが、
    ユベントスは冷静さを失わず、準決勝への爪痕をタルディーニに深く残し、監督に心地の良い歓声を聞かせました。

    ノックアウトゲームは勝つために簡単にされることはありません」が、我々はすべての道を信じて保た:パルマで記者団に言えば、アレグリが始まった。私たちは、かろうじて、この夜パルマの細かい性能に入れてチームをインチを与えるために成熟度を示した。

    アッレグリはパルマのリポーターに話します。「ノックアウト・ゲームは勝つのが決して簡単でありませんが、我々はずっと信じていました、素晴らしいパフォーマンスのパルマに我々は成熟したパフォーマンスを示し点を奪う事を。
    難しかった事は、パルマがしっかり守備をしてきたこと。私達は沢山クロスを放り込みましたが、点に結びつきませんでした。」

    個々の選手についてトスカーナの戦術家は、得点者のアルバロ·モラタとアシストをしたフェルナンド·ジョレンテついて話しました。

    「ジョテンテは素晴らしいアシストをし、モラータは上手くゴールしました。フェルナンドは、少し近い位置でプレーする選手が必要だったので、モラタを近くでプレーさせました。
    しかし、全員が今晩の試合で上手くプレーしました。右のオグボンナ、パドイン、トップのペペ、コマンは良いプレーしました… チーム全員が調子が良いです。今夜はそれが、よく連動しました。」


    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK