14.04.2015 06:35 - in: チーム S

      Allegri: “Patience is key”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、明日ユベントスがモナコの守備を破る為には忍耐強くある必要があると主張します。

      マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、準々決勝の2つのレグでモナコに勝つためには、ベスト16 ボルシア・ドルトムント戦との別のアプローチで戦う必要があると言います。

      ドルトムントは攻撃的に編成されたチームで、モナコは守備の固さの上で強くチャンピオンズ・リーグを戦うチームです。
      つまりユベントスは忍耐強くゴールへの方法を見つけなければいけません。

      この考えをメディアにアッレグリ監督は話します。
      「モナコは、ドルトムントと正反対です。
      殆ど失点をしないチームとの対戦は、全てがよりタフになります。
      前線に放り込み、スペースへ走るという、我々が避けなければならない戦術があります。
      忍耐と謙遜そして知性を示す必要があります。」

      アッレグリ監督は明日の夜の対戦相手へ尊敬を表し続け、モナコをグループ・ステージ後の立派な準々決勝出場者だと思っています。

      「私は、完全にモナコがベスト8へ進出するに値するチームだと思います。
      彼らはグループ・ステージで6試合で1失点し、ベンフィカとゼニトから4点奪い勝利しました。
      この統計は、偶然ではありません。
      彼らには頭の良い監督がいます、明日の夜の試合で我々は2つの強いパフォーマンスをする必要があります。」

      明日の夜の先発メンバーに関して聞かれるも、トスカーナの戦術家は手の内を明かしませんでした。

      しかし、怪我の影響で長く欠場していたアンドレア・ピルロとアンドレア・バルツァッリの2人が火曜日に出場することが難しいだろうと認めました。

      「ピルロとバルツァッリが一緒に出場することになりそうもありません。
      ピルロは45日間プレーで出来ませんでした、そしてバルツァッリも復帰したばっかりです。
      私は、明朝の最終トレーニング・セッションの後、ラインアップを決定します。
      いずれにせよ、チームの調子は良い形ですし、試合への強さを見い出すことは問題でありません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK