02.06.2015 04:17 - in: チーム S

    Allegri relishing Champions League build-up

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は、ユベントス・スタジアムでメディアに話しました。「誰もが、この様に決勝戦に向けて備える事を夢見ます。歴史に残る驚異的なシーズンでした。そして、チャンピオンズ・リーグ優勝でもっと良くなります。」

    マッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ベルリンでのチャンピオンズ・リーグ決勝バルセロナ戦に勝利し、最も素晴らしい業績を上げる事がユベントスの「驚異的」なシーズンの最後の仕上げになると話します。

    監督に就任し最初の年でユベントスにスクデットとコッパ・イタリアの栄光へ導いたアッレグリ監督は、今週末の対決へむけ楽しんでおり、歴史的な忘れられない2014/15シーズンを代表する瞬間になると思っています。

    「この様に決勝戦に向けて備える事は、楽しいです。
    誰もがこれを夢見ますし私自身、過去4年の間に凄い喜びを持った選手達を指導する事が非常に幸運であると、思っています。
    歴史に残る驚異的なシーズンで、チャンピオンズ・リーグ優勝で更に良くなります。」

    決勝までのユベントスの道筋は、準決勝で昨年の覇者レアル・マドリードを破り、この試合がアッレグリ監督はリオネル・メッシの様な素晴らしい選手とオリンピアシュタディオンで戦うために、選手達への良いテストにもなったと思っています。

    「レアルとの対戦は我々に対し勉強になり、我々の実力で最高のクオリティの選手に対抗する事が出来ました。
    同じ様に我々がバルセロナとの戦うだろう。
    ベルリンでは更にタフな試合になるでしょうが、一発勝負ですから、おそらく我々にもわずかに有利な部分があります。

    我々は難しい時も、有利な時もあると認める必要があります。
    我々は、数合わせのためにベルリンへ旅立つ訳じゃありません。
    これは決勝戦ですし、ワールドクラスのベスト・プレイヤーが掴む事は当然です、
    しかし、我々には素晴らしい特徴があり、心配する必要はありません。」

    特徴がドイツでコンパクトな戦術的アプローチでチームになり、監督は、試合前の準備が全ての基本になっており、120分またPK戦のシナリオも含んでいると明らかにしました。

    「我々は、コンパクトなままで、タイトに戦う必要があります。
    バルサは凄いクオリティを備えていますが、我々もそうです。
    我々は、PKを含むあらゆる可能性に備えますが、私はPKまで持ち込まれるとは思いません。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK