20.03.2015 03:37 - in: チーム S

      Allegri revels in Dortmund triumph

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督はドルトムントvユベントスについて話します。

      ユベントスがヴェストファーレンシュタディオンで勝利し、満足のマッシミリアーノ・アッレグリは勝利の喜びを表しました。
      「優れたパフォーマンスが2つあり、非常に満足です」と、監督は微笑みました。

      「ポグバが負傷退場した後、ユベントスはなんとかボールを保持し、試合を進める事が出来ました。
      この勝利に値する試合をし、ヨーロッパで勝てるということを証明しました。」

      監督は、高い評価を受ける際ジュゼッペ・マロッタのコメントを繰り返しました。
      「我々は今夜、本当に良いプレーをしました。
      ここ最近のヨーロッパでの戦いで、良いサッカーをするのは簡単でありませんでした。

      皆さんは、選手達がヨーロッパで活躍できると信じる必要があると思っています。
      チャンピオンズ・リーグには本当に強いチームが3,4チームあるので、何が起きてもおかしくありません。

      「ユベントスは過去にいくらかの批判を受けましたが、技術も肉体も、我々には素晴らしいクオリティーがあり自身の能力を信じる必要があります。
      選手達は時々少しリラックスする必要があります、そうでないとあまり良く無いプレーをしヨーロッパで勝ち続けられない事を理解して下さい。」

      アッレグリ監督の成功した戦術の1つは、ペレイラにギュンドアンをマークさせた事でした。
      「我々が試合前に練習してきた事です。シャヒンが出場しないだろうとも想定していました。
      ギュンドアンが前線の4人の近くでプレーすれば危険です。
      ギュンドアンにプレーをさせなければ、前線の4人にパスを送る事ができないと我々は知っていた。」

      監督は、ファースト・レグのアンラッキーな失点をのぞき、ドルトムントに180分決定機を作らせなかった岩のように固い守備を絶賛しました。
      「我々は、4バックで上手くやりました。
      5ディフェンスに変えた時、フルバックが中盤で捕えられましたが、その後落ち着いて守備をする事が出来ました。」

      監督はヨーロッパでの試合が終えて安堵する時間はありまえん。既に次の目標へ目を向けています。
      「我々は、次にジェノアとの試合に集中しなければなりません。
      その後、次を考える前に、ちょっとしたオフ取ります。
      タイトルを獲得するために、ジェノア、エンポリ、パルマに対して勝ち点を奪わなければいけません。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK