02.03.2015 03:19 - in: チーム S

      Allegri: “Still a long way to go”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      監督は、ローマ戦というビッグマッチを見据えます。「明日の試合はリーグにとっても非常に重要だが、通過点です。その後の13試合で勝ち点39点を奪う事が目標です。」

      マッシミリアーノ・アッレグリは、スタディオ・オリンピコでローマとの上位直接対決の結果に関係なく、ユベントスはアクセルを踏み込み加速する必要があると思っています。

      首位を走るユベントスは、魅力的な月曜の夜に勝ち点9点差で2位につけるダニエレ・デ・ロッシを含む出場停止選手のいるローマとの首都での対戦で勝利を収めなければいけません。

      しかし今シーズンのスクデットへの残り14試合で多くの勝ち点を積み上げなければいけない事、まだまだ試合が沢山ある事を、アッレグリは確信しています。

      監督はヴィノーヴォで会見しました。
      「明日の試合はリーグにとってもとっても非常に重要だが、通過点です。
      何が重要かというと、我々に必要な結果です。

      リーグが終わるまで、まだ長い道のりがあります。
      ナポリが上位に差を詰めていますが、我々は明日の試合の後、13試合で勝ち点39点を積み上げ、シーズンの終わり素晴らしいクライマックスを迎えるのが狙いです。

      彼らが差を縮めるために出来る全てを出す必要があると、デ・ロッシの言う事は論理的です。
      数少ない直接対決で勝利する事が他の試合の倍の価値があります。」

      ヨーロッパ・リーグの次のラウンドへの5チームが突破したイタリアのサッカーが成功した週で、アレッグリはスクデットの競争相手と争う事は、イタリアサッカーの評判を上げる事の一歩になります。

      「次のラウンドへ突破したリ全てのチーム、おめでとう。
      こういう事は、ピッチを離れた所でも、ヨーロッパ/インターナショナルでの戦う事でも、我々の試合結果にとっても重要です。
      ローマには弱点が極めて少ないです、この対決は技術的な意味でも今年の重要な対決という2つの面で良い試合になるでしょう。
      ユーヴェもローマも優れたチームです、例え100%のパフォーマンスでなくても、面白い試合だと、最初の対戦でもこれは本当に面白い初の会議でも示されました。」

      今週はビッグマッチの前に起きた怪我人の状況、ポール・ポグバとアルトゥーロ・ビダルの状況のクエスチョンマークと共に、ユベントスは首都へ旅立ちます。
      全治約2週間のアンドレア・ピルロが外れた事で、ユベントスは首都での決戦に中盤の選手数が不足していることに気づきました、
      しかし、アッレグリは選手の選択肢には満足していると主張します。

      「両者とも、かなり良くなっています。
      ビダルは打撲をしましたが、彼の回復はより早いです。ポグバは筋肉系の炎症です。
      我々の現在、シーズン中の大事な時、私は1ヵ月以上の選手を失う危険を冒したくありません。

      「私は今日の午後、彼らの調子を判断しますが、非常事態ということではありません。
      マルキジオ、ストゥラーロ、パドインがいます。
      我々は1人か2人をセントラルミッドフィールダーとしてプレーさせます。
      それは新しいシステムでありません、ストライカーをサポートするミッドフィールダーとしてを攻撃に参加する事もあります。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK