10.03.2015 09:20 - in: チーム S

    Allegri: “Still some way to go”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マッシミリアーノ・アッレグリは、選手達にサッスオーロ戦で得た勝ち点11点のアドバンテージがあっても冷静でいる事を望みます。「私はタイトルが確かとは思いません、我々は冷静になる必要があります。」

    マッシミリアーノ・アッレグリは、ユベントスの今シーズンのタイトルが確実と思う前に、まだやる事があり、残りの12試合で勝ち点を積み上げる為に、成熟したアプローチが必要だと思っています。

    サッスオーロに1-0で勝利し勝ち点11点のアドバンテージを広げた試合後、アッレグリ監督は話しました。
    「私はタイトルが確かとは思いません、我々は冷静になる必要があります。
    まだ、試合は残っています。」

    ユベントスは、今シーズンのこれまでよりも、堅実な守備を持つサッスオーロとの厳しい試合を行いました。
    しかし、スリリングな勝ち点3を得た試合、アッレグリ監督は、選手達の後半のプレーに満足しました。

    「シーズン後半の試合は、シーズン最初よりも厳しい試合になります。
    かなり高い所でプレスを仕掛けるサッスオーロの様なチームと対戦する時は、前半に局面を打開し、後半テンポを落とす様な試合になります。
    より広がってプレーする時、我々はセンターでプレイする必要があります。

    後半、我々はより上手くプレーしました。力強さを上げ、相手に暇を与えませんでした。
    私は、失点しないという事なので、1-0の勝利が大好きです。」

    今夜の試合の重要なターニングポイントは、フェルナンド・ジョレンテとシモーネ・ペペの投入でセンターにスペースを与え、決勝点になったポール・ポグバの驚異的なミドル・シュートの成功に導いた、アッレグリ監督の采配です。
    「私は、もっと右サイドでペペをプレーさせようとしました、ペペはジョレンテへボールを放り込む事を非常に得意としてます。
    これが、相手ディフェンスを引きつけてポグバのミドルシュートを成功させました。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK