06.03.2015 05:11 - in: チーム S

    Allegri: “Time to sit up and take notice”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    監督は、フィオレンティーナ戦の敗戦について話します。「この結果から我々は立ち上がりセリエAの次の試合へ集中する必要がある。フィオレンティーナは、彼らの勝利に値しました。」

    マッシミリアーノ・アッレグリは、選手達にコッパ・イタリア準決勝ファースト・レグ、フィオレンティーナ戦の様な間違えを繰り返さないよう集中し、月曜夜のトリノで行われるサッスオーロ戦までに正しい形にする必要があると、言います。

    2013年4月以来のユベントス・スタジアムでのユベントスの不敗記録は破られたが、監督はフィオレンティーナは良いチームで、4月のレグへのアドバンテージを取るにに値すると言います。

    監督は、選手達がフィレンツェで逆転することは簡単ではないが、決勝へ進みたいという強い気持ちと共に向かうように望みました。

    試合後アッレグリはメディアに話します。
    「この結果から、我々は立ち上がり、まだ終わっていないセリエAの次の試合に集中する必要があります。
    現在、我々は月曜日にサッスオーロとの重要で難航するであろう対決に備えます。

    「我々はボールを持って70メートルの独走した選手に得点を許してしまったが、両チーム、前半は上手くやりました。
    我々は、より油断するべきじゃなかった。
    後半立ち上がりの難しい10分後、我々は再び自分達のペースでプレーできたが、フィオレンティーナは我々よりスマートで、勝利にふさわしい戦いをしました。

    我々にはセカンド・レグがあります、そして、我々は決勝へ向かう為に良い試合をしなければいけない。それは簡単ではないということを知っています。
    フィオレンティーナは、調子良い素晴らしいチームです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK