01.02.2015 03:59 - in: チーム S

    Allegri Tough test in Udine

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユーヴェの監督は次節のセリエAスタディオ・フリウリで行なわれるウディネーゼとの試合で選手達に警戒していく必要があると伝えました。

    10月の最初のホームでの勝利から、ウディネーゼ戦では確立をひっくり返されることもあると、選手達に緊急非常事態として警戒する必要があるとマッシミリアーノ・アッレグリは言います。

    スタディオ・フリウリで勝つ事の難しさは、ウディネーゼは彼らのサポーターの前でポジティブな記録を残していて、前線のアントニオ・ディ・ナターレの驚異的な攻撃が期待されている事です。

    首位を走るユーヴェがセリエAで4連勝へ向かう時、これらが勝つ為のポイントだと控え室でアッレグリは繰り返して言います。
    ヴィノーヴォにて監督はメディアに話しました。「明日の試合、それは単純な仕事でありません。ウディネーゼはエンポリでの厳しい試合で勝ちました。そして、どのように試合を勝つ為に運ぶの知っています。彼らは最も得点を期待できる選手、ディ・ナターレをあてにすることもできます、彼は常に得点することができます。
    勝ち点3を取るためには、これは大きな焦点で、それに対し取り組む必要があります。」

    2位との勝ち点7点差で最も近いライバル・ローマより前に、ユベントスは今節でローマの間に更なる差をつけようとします。
    そして、スタディオ・オリンピコでの直接対決で最高の精神状態で望む為には、ユーヴェが勝利し続けることがまず基本であると、アッレグリは主張します。

    「7点差の優位性は、何でもありません。ここまでで得たリードを捨てる事なく、近づくローマとの直接対決に、最高の形で望む必要があります。
    我々は他のチームとの18試合で何処とも厳しい戦いにあるリーグでプレーしていると私は選手達に話しました。
    我々は最終的な目標の為にモチベーションを上げる必要があります、そして素晴らしいパフォーマンス、また、我々が上手くプレーできなかった試合からでも結果を出す必要があります。」

    ユーヴェは、勝利した水曜日のコッパイタリア準々決勝パルマ戦で怪我をした、クラウディオ・マルキジオとチリ人アルトゥーロ・ビダルが処置のためにトリノに残るため、2人なしでウディネへ旅立ちます。
    彼らの不在にもかかわらず、アッレグリは、センターミッドフィールダーには他にも良い選手が揃っていると信じていて、誰が入ってもベストの形で試合に望めるとほのめかしました。

    「我々は、今までと同じフォーメションで続けるかもしれません。我々はミッドフィールダーにパドインを使う事もできます。
    若しくは、我々は3人のミッドフィールダーと2トップく使う事もできる。」

    水曜日の試合で、交代したビダルの反応で、監督は以下を加えました。
    「ビダルが交代後、控え室で彼の膝を見ましたが、試合を見る為に戻る事は問題ありませんでした。交代後に怒る事はサッカーにとって必要な事です。
    ビダールにとある年があったことを考慮しなければなりません。彼は膝の手術を受けました、そして1ヵ月後にワールド・カップでプレーしていました。
    パルマ戦で彼は、膝をかばい足首を捻挫しました。彼は少しだけ休養を取りミラン戦へ備えます。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK