18.06.2015 04:09 - in: チーム S

    Argentina register first win, Italy overcome

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    アルゼンチンのカルロス・テベスとロベルト・ペレイラは、途中出場でウルグアイに1-0で勝利に貢献し、アンドレア・ピルロとレオナルド・ボヌッチが出場したイタリアは、ポルトガルとの親善試合で1-0で敗れました。

    カルロス・テベスとロベルト・ペレイラのアルゼンチンは、火曜日の夜2015年コパ・アメリカ、ウルグアイ戦で後半セルヒオ・アグエロのゴールで初勝利を挙げ勝ち点3を得ました。

    魔法の様な瞬間でヘラルド・マルティーノの選手達は均衡を破りました、56分にマンチェスター・シティー所属のパブロ・サバレタのクロスがウルグアイのキーパーフェルナンド・ムスレラを越えたところアグエロがダイビングヘッドで押し込み先制点を挙げます。

    先制点を挙げたアグエロはユベントスのフォワードであるテベスと交代し、試合終了間際にアンヘル・ディ・マリアに替わりペレイラがと投入されました。

    この結果アルゼンチンは、土曜日のジャマイカ戦を残し2位パラグアイを抑えグループリーグ首位に立ちます。

    また別の場所では、アントニオ・コンテのイタリアは火曜日の夜にジュネーブでポルトガルとの親善試合を戦い、後半エデルのゴールで初黒星となりました。

    ジジ・ブッフォンは出場せず、アズーリはアンドレア・ピルロによって率いられ、レオナルド・ボヌッチと共に90分戦いました。

    ミッドフィールドのマエストロは、52分に試合中最大のチャンスを演出しました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK