05.04.2015 06:11 - in: チーム S

      Argentine assassins fire Juve to victory

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      カルロス・テベスとロベルト・ペレイラの2ゴールでエンポリに勝利し勝ち点のリードを14点に広げました。

      ハーフタイム前のカルロス・テベスのゴールに、ロベルト・ペレイラのゴールがユベントス・スタジアムでのエンポリ戦を2-0で勝利し、2位との勝ち点差を14点と広げました。

      前半、いくつかのチャンスを作った後、43分に6ヤードの間接フリーキックでアルトゥーロ・ビダルのすらしたボールを、テベスが今シーズンのセリエAで17得点目となるゴールを決めます。

      エンポリは後半、健闘しましたが、ジジ・ブッフォンのセービングがエンポリの攻撃を抑え、ユベントスは勝ち点3へ無失点で近づけました。

      そして最終的なスコアは、試合終了の笛の数行前の交代で入ったペレイラのプレーで確実になりました。


      ユベントスと時差ぼけの影響の無いテベスの積極的なプレーで試合が始まりました。

      先発メンバー入りが、疑問視されたテベスは開始4分に最初のチャンスを迎えます。
      ボックスの外でダニエレ・ルガーニからボールを奪うとフィニッシュへ持ち込みますが、ゴールキーパー、ルイージ・セペにセーブされます。

      その15分後にもテベスはエンポリのゴールキーパーと再戦します。
      素早く2人のディフェンダーを置き去りにしシュートを打つもキーパーの好守にゴールをする事が出来ません。

      前半ユベントスは優勢に試合を進めますが、エンポリは彼らが勝ち点を積み上げる為にトリノにいる事を証明します。チャンスを作り前へ進む為に勇敢にディフェンスしました。

      エンポリの忍耐がハーフタイムまで残り5分にリッカルド・サポナーラのパスからマッシモ・マカローンがゴールへの好機を向かえますが、外れます。

      セペがルガーニのパスを手で触りバックパスの判定。
      前半終了3分前にテベスが至近距離から雷のようなゴールを決め、エンポリからリードで前半を折り返します。

      後半開始直後、エンポリは野心的なアプローチで試合を進めます。
      マヌエル・プッチャレッリのヘディングシュートが決定機になるもブッフォンがセーブ。
      また、69分のプッチャレッリの一対一のシュート、ダニエレ・クローチェのシュートもブッフォンのセーブで止められます。

      アルバロ・モラタがフェルナンド・ジョレンテと交代し、ユベントスは勝利に向け結果を出しに行きます。

      勝ち点3への絶好機はアルトゥーロ・ビダルの足へやって来ましたしかし、狙い通りのボックスの端からゴールへ導くことができませんでした。

      ユベントスの歴史的な4年連続スクデット獲得への重要なステップへ、アディショナルタイムの5分間でペレイラがゴールしフィナーレを歓喜の声援で終えました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK