25.04.2015 10:09 - in: チーム S

      Barzagli: “No fear against Real”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      バルツァッリは、5月のチャンピオンズ・リーグ準決勝レアル・マドリード戦へ向けユベントスにためらいが無いと話します。

      アンドレア・バルツァッリは、ユベントスが今シーズンの戦いで最も強いディフェンスで守る事が出来れば、レアル・マドリードとの2戦を怖れず戦えると主張します。

      水曜夜のスタッド・ルイ・ドゥで貴重な無失点試合を納めた3バックの不可欠な1人アンドレア・バルツァッリは、レアル・マドリードとの対決は厳しくなると予測しているが、ユベントスは敬意を示してはいけないと思っています。  
       
      今日の午後Skyスポーツに話します。
      「どんなに厳しい相手でも不屈な気持ちをもっていますし、怖れずプレーします。
      おそらく、ユベントスは彼らのレベルにはいません、しかし準決勝では何かが起こる事があります、ビッグマッチです。

      「ここ数年でユベントスの防御の強さは、チームでプレーする能力が互いの助けになっています。
      また、レアルに対してこうプレーすることが重要です。
      3バックは厳しいか?
      いいえ、私がそれを言う必要はありません。
      4バックでプレーする時でも殆ど失点していません。」

      バルツァッリは今週末の重要なデルビー・デッラ・モーレに備え今日の午後トレーニングを行い、トリノとの対戦で、守備から始まると言います。

      「現在重要な事は、タイトルを獲得するための次のリーグ戦3試合です。
      ダービーがどれだけ重要か解っていますし、試合へ集中します。
      トリノは統率のとれた組織的なチームです。
      難しい試合になるでしょう」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK