06.03.2015 06:55 - in: チーム S

    Bonucci: “Nothing’s out of reach”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスのディフェンダーは、来月のコッパ・イタリア準決勝セカンド・レグに向けてポジティヴに話します。「フィオレンティーナがここで勝利を収めた同じ方法で、我々がフィレンツェで勝てばいい。」

    レオナルド・ボヌッチは、ユベントス・スタジアムで行われたのコッパ・イタリア準決勝セカンド・レグでフィオレンティーナに2-1で破れたあと、決して全部終わった訳ではないと言います。

    スタディオ・アルテミオ・フランキで1ヶ月後、90分間プレーするには、チームがポジティブな気持ちで試合に取り組まなければいけないと、27歳のディフェンダーは思っています。

    試合後、Jtvにボヌッチは話しました。
    「フィオレンティーナのサッカーには敬意を払いますが、しかし、何も勝てない試合ではありません。
    フィオレンティーナがここで勝利を収めた同じ方法で、我々がフィレンツェで勝てばいい。

    我々はこの試合であまり相手を読めませんでした、技術的な部分とポジショニングで多くの失敗が特に彼らの最初のゴールにありました、我々はこれに対し取り組まなければなりません。

    我々のミスでフィオレンティーナにカウンターを許し得点を与えてしまいました。
    フィオレンティーナが我々のミスで勝ったという点が、重要です。

    我々は、気持ちをゴールに向けたが、リスクある攻撃になりました。
    我々は、丁寧にプレーできず、ゴールの前で冷静でありませんでした。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK