13.05.2015 17:27 - in: チーム S

      Buffon: “Juve pride”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      キャプテンは、全クラブは、決勝からわずか90分離れたところにユベントスが居る事を喜ぶべきだと言います。「レアル戦は、ユベントスの選手、スタッフ、サポーターにとってプライドを賭けた試合になります。」

      ヨーロッパのトップ4にいるユベントスの最後列で、ジャンルイジ・ブッフォンはプライドについて話しました。

      ゴールキーパーは準決勝セカンド・レグ、レアル・マドリードは、ヨーロッパのステージで本物の力でクラブが戦えている努力に相応しい報酬だと言います。

      スペインでメディアにキャプテンは話しました。
      「この試合は、ユベントスと関連した全員にとって晴れの祝典です。
      選手、スタッフ、クラブとサポーター。
      長年の苦しみの後にこのチャンスをつかみました。

      私はここまで来た旅を非常に誇りに思いますし、再びユベントスの伝説に残せる記憶を作る事ができる仲間に感謝したいです。」

      ユベントス・スタジアムでのファースト・レグでの2-1のアドバンテージは、レアルのホームでの体力得点記録を考慮し、ベルナベウでユベントスは落ち着いて積極的に戦わなければいけないとブッフォンは言います。

      「多くのチームがここで負けましたし、ゴールキーパーは少なくとも1ゴールを与えてしまします。
      もしただリードを守ろうという気持ちなら、後悔するだろう。
      コッパ・イタリア決勝も控えているが、我々一人一人に、夢を追いたいという野望があります。決勝へ出るための唯一の方法として、ここでフットボールをします。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK