04.05.2015 00:47 - in: チーム S

    Buffon lauds winning mentality

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    キャプテンは、クラブの33回目のスクデットをタイトルを振り返ります。「私達は強い気持ちで、自己犠牲の精神と常にハングリーな気持ちを備えたチームです。」

    ジャンルイジ・ブッフォンは白と黒のストライプの一つ成功したシーズンの裏には、クラブに勝利のメンタリティがあるからと言います。

    サンプドリアに1-0で勝利しセリエAで33回目のスクデットをユベントスが歴史に刻み、2001年にパルマから移籍して来たキャプテンは8度目のスクデットになり、ユベントスの「常にハングリーな気持ちを」褒め称えました。

    ルイージ・フェラリスのミックスゾーンでリポーターに話しました。
    「年が経てば、スクデットはもっと良くなります。決して勝ちに飽きる事はありませんしい、実際年を取るほど勝利が楽しみになります。

    7月にロッカールームに変化があったとき、2、3疑っていました、しかし、私達は技術的で道徳的なメリットを示しました。
    私達は強い気持ちで、自己犠牲の精神と常にハングリーな気持ちを備えたチームです。」

    シーズン開始からトップだったユベントスの素晴らしいシーズンになりました。しかし、ブッフォンはそれが順風満帆では無かったと述べました。

    「2013/14シーズン終了で終わった別の物語になりました。
    途中少し衝突があり、このような年に起こりる事ですし、それは若干の良いことです。

    最高だとを知っているとき、油断を冒します。
    時々、自身の長所を引き出すために、蹴り上げる必要があります。」

    ブッフォンがユベントスが強さを示すためのに試合として火曜日のチャンピオンズ・リーグ・レアル・マドリード戦ファースト・レグへ備える小さな問題が、現在あります。

    「レアル戦にだけ注意を集中する事ができる今、タイトルを確保できてうれしいです。
    我々は、それをチャンスとし後悔なしで終わりたいです。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK