16.02.2015 08:51 - in: チーム S

      Buffon: “Our attitude let us down”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      キャプテン「チームが戦うのを緩めたからチェゼーナとの引き分けた。」

      チェゼーナ戦の2-2のドローにある背景は、チームの精神的なアプローチにあるとジジ・ブッフォンは思っています。

      ローマは勝ち点差を4点まで埋めるチャンスを落としていたので、ディノ・マヌッツィでの結果がどうであれ、ユベントスの実質ローマとの差は変わらないと解っていました。

      そして、勇ましいチェゼーナの良さを認め、この試合の同点は戦うのを緩めたユーヴェに問題があると、キャプテンは思っています。

      試合終了後でメディアにブッフォンは話しました。
      「このドローと我々の試合への気持ちは、今日ローマが勝たなかった事の怠慢から生じています。
      首位でいることに慣れないチームでなら無理もないです。我々は違う。我々は、異なる試合への気持ちを示す必要があります。
      キャプテンを含む皆に責任があります。そして、キャプテンはチームメイトが油断しないためにポジティヴなエネルギーを与える必要があります。
      今日の私は、良くありませんでした。それは我々が直面する困難な点でも考慮しなければいけません。
      最初の20分は、勝つための危機感と余裕が無く、カウンター攻撃で彼らに信じられないほどのチャンスを与えてしまいました。
      チェゼーナには価値のあるドローだった。」

      「時々、ユーヴェはタイトルはプレゼントされるものではないと理解していません。
      他のチームが駄目な時に、我々はリードしなければいけない、こういう事が重要です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK