22.04.2015 14:30 - in: チーム S

    Buffon: “Pride and responsibility”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ブッフォンは、チャンピオンズ・リーグベスト8モナコ戦セカンド・レグについて話します。「準決勝に進出する事は、ユベントスがヨーロッパで『戻ってくる』ことを意味し、誇りと責任を感じます。」

    水曜夜モンテカルロでのチャンピオンズ・リーグ準々決勝セカンド・レグ モナコ戦での肩にのしかかる「誇りと責任」についてジャンルイジ・ブッフォンは話します。

    大会のベスト4へ進出することの重要性の下に、ゴールキーパーは、スタッド・ルイ・ドゥでメディアにクラブがヨーロッパでの地位の回復について話しました。

    「明日は、私とクラブにとって重要な日になります。
    ユベントスが準決勝へ進出する事は、ヨーロッパでのステージに『戻ってくる』という事を示します。
    これはおそらく最も重要な事ですし、責任と誇りを高める事になります。

    長い間ユベントスは優勝出来なかった事と個人的にタイトルを取れていないので、遅かれ早かれチャンピオンズ・リーグを優勝したい。
    私はいつ優勝出来るか全く解らないが、できるだけ早く優勝出来る事を望みます。」

    ヨーロッパで一番のトロフィーを掲げる一歩として、ユベントスには先週のファースト・レグでの1ゴールのアドバンテージがありますが、ブッフォンとチームはモナコの攻撃を防がなければなりません。

    そして、ブッフォンは明日の夕方モナコで出場する時に仕事を果たす事ができると確信しています。

    「モナコは最終結果をひっくり返すことができますが、私達は能力に自信を持っています。
    私たちは今まで信頼感のあるプレーを示しましたが、勝利はクラブとスタッフが良い関係だからです。
    監督は、直感的に選手と同じ波長に乗ることができる、本当に良い監督です。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK