02.02.2015 06:37 - in: チーム S

    Chiellini reflects on positives after Udinese draw

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ディフェンダーのキエッリーニは、スタディオ・フリウリでリポーターに話します。「私たちがリードを伸ばせたかもしれないので、残念です。しかし、今日の試合は私たちの最終的な目標への重要なステップになると、私は思います」

    ジョルジョ·キエッリーニは、ユベントスがウディネーゼとの接戦を演じた事を認めた。
    しかし厳しい接戦から得られた点は、シーズンの終わりで重要な価値もたらすだろうと考えています。

    スタディオフリウリで0-0の引き分けの後、ジャーナリストに話しました。
    キエッリーニは、アンドレア・ストラマッチョーニのチームの積極的な試合運びを賞賛します。

    そして彼は、ユベントス自身にも難しさがあると言います。セリエAで直ぐ後ろから追いかけてくるライバル・ローマに勝ち点9点差をつける事ができた試合で、自分自信に勝たなければいけない。

    30才のディフェンダーは言います。
    「それは、難しい試合で私たちがファイトしたものでした。特にホームで、ウディネーゼは素晴らしいサッカーをしていて、全ての対戦相手にトリッキーな試合をします。
    特に前半、私たちは多くのミスをしました。ウディネーゼの非常に驚異的なカウンター攻撃を受ける危険を冒しました。
    後半私たちは、前半に比べ上手くボールを回せていたので、勝つ事が出来たと思います。しかし引き分けは、最も公正な結果でした。
    私たちがリードを伸ばせたかもしれないので、残念です。今日の試合は私たちの最終的な目標への重要なステップになると、私は思います」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK