25.02.2015 10:53 - in: チーム S

    Chiellini: “Still work to be done”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    キエッリーニは、ボルシア・ドルトムントとの2-1で勝利した決勝トーナメント一回戦の後、まだ仕事が半分終わっただけだと言います。

    ジョルジョ・キエッリーニは、火曜夜にユベントス・スタジアムでのボルシア・ドルトムントとの2-1で勝利したチャンピオンズ・リーグ決勝トーナメント一回戦ファースト・レグを終えて、まだ仕事が半分終わっただけだと言います。

    キエッリーニは、チームは一試合目で良く動き、3週間後のセカンド・レグへの重要なステップになったと信じています。

    トリノで試合終了後、スカイ・イタリアにキエッリーニは話します。
    「我々は上手くやりました。
    前半の途中少し苦労しましたが、立て直す事ができました。

    我々はチャンスを物にし、良いチームだと、この夜に示しました。
    後半、我々は3-1で勝利するチャンスを逃しましたが、2-1のアドバンテージが我々に有利にあると感じでいます。」

    ハーフタイム前にアルバロ・モラタのゴールでユベントスが再びリードすると、ユベントスの副キャプテンは、控え室での叱咤激励が後半、ドルトムントを黙らせる鍵であったと言います。

    「我々は、働いていない何かを止めるためにどのように対抗策をとるか分析しました。
    我々は、注意を個々のプレーヤーに集中させました。
    彼らには、スペースを使い問題をもたらす選手がいます。
    鍵は、コンパクトにスペースを与えないことです。」

    18分のマルコ・ロイスのゴールに繋がったスリップに関して、キエッリーニ素直に語りました。
    「ロイスがゴール向かっては知っている時、私は彼がミスするように願っていました。
    他に選択肢もありませんでした。
    それは不運な瞬間で、そういうことも起こります。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK