09.02.2015 14:29 - in: チーム S

      Club statement

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントス対ミランについて

      ACミラン株式会社副社長兼CEO、レガ・セリエA副議長アドリアーノ・ガッリアーニ氏は、彼の古い情熱である2つ、テレビと幾何学に立ち戻る事をに決めました。
      しかし、ガッリアーニ氏は、州法、LNPAで満場一致で可決された法規、とりわけ、ピッチで起こったことを無視している様です。

      ガッリアーニは滑稽で、ばかばかしい騒動をメディアで起こしている。
      3-1というピッチでの明確な結果を、ミラン・ファンの目から隠そうとしているからです。

      明快にするための全文は、以下の通りです:

      ガッリアーニはテレビ放送をクラブに委託するのはメランドリ法で決められていると知らないようです。
      「視聴覚権利の中、販売のためのガイドライン」ではっきり述べられます。
      それはレガ・カルチョに満場一致で承認されました。
      また、操作を妨ぐためレガが個々の試合のブロードキャスターを任命する権利を保有して、ディレクターと製作者を任命する権利を保有していると知らないようです。

      クラブの外の組織による番組の制作は、問題がレガ・カルチョに知られた場合は、進行することが出来ない事を知らないようです。
      彼は、多くのクラブがレガ自体へのアドバイザーとして、後援として、製作者としても働いて制作を委任している事を知らないようです。

      ACミラン(レガ・カルチョで唯一のガッリアーニのクラブ)が独立したコンテンツディレクターの利用を要求し方針を変える事はありえません。
      ガッリアーニは、そのような規則があることを無視しているようで、討議され改革される必要があります。

      彼は、コンテンツが共同出資で制作さて提供されているか知らない様です。
      以前に言及したアドバイザー/仲買人/製作者によってルールの策定を実装して利益を得る立場になります。

      ガッリアーニは又、すべての線などのCG要素が制作後にブロードキャスターによって使用されるという事実を知らないようで、それは他の組織からの干渉なしで、レガによって指名されるディレクターと製作者によっていずれにせよ管理されます。

      最後に、ガッリアーニは何十年もサッカーとテレビという2つの主なセクターで動いていたと知らないようです。
      ガッリアーニ氏は、全ての技術的で法的な調整や開発が彼を通り過ぎた事を知らないようです。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK