19.03.2015 05:20 - in: チーム S

      Deadly in Dortmund!

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ヴェストファーレンシュタディオンでのボルシア・ドルトムント戦、カルロス・テベスとアルバロ・モラタのゴールの3-0の勝利ファーストレグとの合計5-1で、チャンピオンズ・リーグ準々決勝へユベントスは進みます。

      カルロス・テベスの2得点とアルバロ・モラタのゴールで3-0でドイツのボルシア・ドルトムントから勝利しファーストレグとの合計5-1で、ユベントスはチャンピオンズ・リーグ準々決勝へ進出します。

      主導権は、開始3分で握られました。
      テベスがペナルティー・エリア外25ヤードからローマン・ヴァイデンフェラーの止める事が出来ない、素晴らしいシュートがゴールに収まります。

      ドルトムントは後半、逆転に向け前へボールを集めユベントスを押し込みますが、ユベントスは抜け出したスコアラーのモラタが、シンプルに再び得点します。

      素晴らしい試合内容で、テベスの右足のシュートがヴァイデンフェラー通り過ぎ決勝点となり。
      ユベントスは3年間で2度目のチャンピオンズ・リーグ準々決勝進出しました。

      試合はユベントスが望んでもいなかった良いスタートで幕を開けました。
      開始直後、時計が丁度3分を回った時に、テベスはペナルティーエリアの外でボールを受けます。そのまま25ヤードのミドルシュートを放つと、ヴァイデンフェラーを通り過ぎゴール隅へ決まり先制。

      ユベントスの先制から、ドルトムントはこのラウンドを突破する為には最低2ゴールが必要になり、果敢にポゼッション率を上げて攻め続けます。

      しかし、前がかりのドルムントはユベントスのカウンター攻撃の危機に合います。
      15分にステファン・リヒトシュタイナーがミドルシュートを放と、ヴァイデンフェラーを襲います。

      前半の中盤マッシミリアーノ・アッレグリ監督は選手の交代に迫られました。足を痛め続行できなくなったポール・ポグバの代わりにアンドレア・バルツァッリを投入します。
      この交代は、ビダルを左に、バルツァッリが右サイドで3バックに変更しというシステムの変更も伴いました。

      ドルトムントは、ボールを支配しボックス内へクロスを放つなど、試合を支配しますが、アドバンテージを持つユベントスの固い守備を崩す事ができません。

      ユベントスは後半開始後にリードを広げようとします。
      ボールをゴール前にテベスが運ぶとモラタがゴールへ攻めますが、
      突進するヴァイデンフェラーによって防がれます。

      数分後、再びモラタがゴール下隅へシュートを放ちますが、キーパーが足で阻みます。

      逆に63分、ドルトムントの最初のケヴィン・カンプルの速いシュートは、ジャンルイジ・ブッフォンが防ぎます。

      ドルトムントの監督ユルゲン・クロップは動きます。ヘンリク・ムヒタリアンとスヴェン・ベンダーの代わりにヤクブ・ブワシュチコフスキとアドリアン・ラモスを投入。

      しかし、ドルムントは高くラインを上げていたので、再びユベントスからカウンターを食らいます。
      試合終了20分前、クラウディオ・マルキジオがテベスに素晴らしいスルーパスを送ると、テベスはモラタへボールを送りそのままゴール。

      79分には、テベスが2得点目を決めこれが決勝点に、チャンピオンズ・リーグ準々決勝進出確実にしました。

      試合終了の笛が鳴ると、ヨーロッパでも最も攻略の難しいスタジアムで勝利したユベントスの努力にクロップ監督は、ピッチから引き上げるユベントスの選手達を正々堂々と祝いました。

      夢は続きます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK