17.06.2015 13:49 - in: チーム S

      #DerbydellaMole? Keep calm and…

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      最大のライバル、トリノとのダービーマッチは、アンドレア・ピルロの右足で決着、11月を首位で終わります。

      ダービーマッチは、地球上のどんなクラブでも特別な試合です、ユベントスにとって11月末の最大のライバル・トリノとの対戦は同じ様に特別です。

      セリエAでラツィオとチャンピオンズ・リーグでマルメとアウェイで重要な勝利を納めた後、ユベントスはトリノで熱く注目された試合に向かい、イタリアで首位を維持する為に戦います。

      トリノは、20年勝ち無しダービー6連敗を勝利で終わらせる為に試合に臨みました。

      そして、今シーズンからユベントスの指揮を執るマッシミリアーノ・アッレグリ監督は最初のデルビー・デッラ・モーレに対し話しました。
      「統計は全て過去の話ですし、レフェリーが笛を鳴らす時、我々は互角で戦います。
      我々は油断してはいけませんし、トリノへは大きな敬意があります、しかし我々は勝つために戦います。」

      しかし、ダービーは『ビッグマッチ』に応えるのでしょうか?

      試合は両チーム早くから2つのゴールによって殺気立った興奮からスタートしました。

      土砂降りのトリノで試合の主導権を掴む為に、15分にアルトゥーロ・ビダルが最初のゴール、ペナルティーキックを成功します。

      しかし、この直後ブルーノ・ペレスの独走を許しシュートはポストに当たり1-1となる同点弾が決まります。

      前半を同点で終え、後半に向け積極的に2点目を奪うために攻撃を始めます。

      トリノは51分にチャンスを迎えます、元ユベントスのフォワード、ファビオ・クアリアレッラのシュートはマルコ・ストラーリへ放つも枠の外へ向かいリードする事ができず。

      この直後、アッレグリ監督はフェルナンド・ジョレンテとクラウディオ・マルキジオに代えアルバロ・モラタとロベルト・ペレイラを投入し、残り30分に向けフレッシュな刺激を加えます。

      76分にビダルがペレイラのクロスから無人のゴールのネットを揺らし、ユベントス勝ち越しの瞬間かと思われたが、線審がオフサイドの判定。

      シュテファン・リヒトシュタイナーが終了残り10分で、オマル・エル・カドゥーリへのチャージで2枚目のイエローカードで退場していまい、これがユベントスに打撃になります。

      しかしドラマは終わりません、アディショナル・タイムが消えかけている火の様に時間が進むところ、アンドレア・ピルロがシュートを放つとゴールに突き刺さり決勝点となります。

      現在、多くの驚くべき展示品と一緒に誇りを持って、ユベントス・ミュージアムにこの決勝点となったシュート時に履いていたピルロのシューズが展示されています。

      ゴールは、もう一つのマエストロへのクリップを生みました。それは、#KeepCalmAndPassItToPirlo(落ち着いてピルロへパス)と名付けられました。そして、ビッグマッチの最後に決勝点を奪うためには、落ち着きが必要であると実証します!

      下のハイライト動画をチェックし、ユベントス・スタジアムでのもう一つの忘れられない夜を振り返ってください。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK