18.03.2015 03:27 - in: チーム S

    Dortmund duo looking to make home advantage count

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユルゲン・クロップとマッツ・フメルスは、ユベントスとの対決でボルシア・ドルトムントはホームアドバンテージを持って強く戦えると話します。

    ボルシア・ドルトムントのユルゲン・クロップとマッツ・フメルスの二人は、ホームアドバンテージを持ってユベントスとの1ゴール差をひっくり返そうと思っています。

    ヴェストファーレンシュタディオンの満員の熱い観客の中で、トリノでのファーストレグでユベントスから受けた2度のカウンターを警戒し、冷静な頭脳が必要だとクロップ監督は言いました。

    ドルトムントでクロップ監督は話します。
    「ファーストレグでカウンターを2度許した、我々は落ちついて試合をする必要があります。
    我々にとってイタリアのチームに勝つ事は本当の挑戦です。

    次のラウンドに進みたければ、我々は最善を尽くしサポーターと特別な雰囲気を作る必要がある。

    ユベントスは、統率のとれた組織的な守備を行います。
    無失点試合が重要ですが、簡単では有りません。
    1失点したとしても、試合が終わる訳では有りません。
    ドルトムントには勝利するチャンスがあり、ラウンドを突破する為に集中します。」


    フメルスは、ケルンとハンブルグとのスコアレスで引き分けたブンデスリーガの試合を通じて、ドルトムントは鋭く攻撃的にならなければならないと話します。しかし水曜日の試合での勝利のチャンスがあると確信しています。

    フメルスは、付け加えます。
    「私たちにはホームアドバンテージがあります、プレーを通して私たちのサポーターから力を得る事が出来ます。私たちにとってこれがプラスです。
    ケルンとハンブルグとの試合で得点出来なかったのは本当ですが、私たちに明日たくさんのチャンスがあると思います。」

    カルロス・テベス、アルバロ・モラタ、ポール・ポグバがゴールを狙う間、フメルスと他のディフェンダーの選手がゴールを守りぬくとフメルスは思っています。

    「ユベントスには、高いクオリティでプレーをします。テベスとモラタは非常に危険なストライカーで、ポグバはどんな距離でもゴールする事ができます。
    私たちは彼らの強さを全てを知っていますが、彼らを止めようと思います。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK