01.04.2015 18:42 - in: チーム S

      European footballing elite gather in Stockholm

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      アンドレア・アニエリ会長、ジュゼッペ・マロッタCEO、とチーフオフィサーフランチェスコ・カルボは、第14回ECA総会に出席しました。

      ユベントスのアンドレア・アニエリ会長、ジュゼッペ・マロッタCEO、とチーフオフィサーフランチェスコ・カルボは、月曜日と火曜日にストックホルムで開催された第14回ECA総会に出席しました。

      ユベントスのフロント陣は、ヨーロッパのフットボール界で最も重要な人であるEUスポーツ委員ディボー・ナヴラチチ氏らと意見、考えを交える事の出来る生産的な2日間を過ごしました。

      月曜日に、アニエリ会長はプロフットボールに関してECA議長カール・ハインツ・ルムメニゲ氏とナヴラチチ氏と重要な、良い運営、フェアな経営、社会的貢献とクラブと選手の関係等の問題のいくつかを率直で建設的に議論を交わしました。

      ECAが2015年のヨーロッパでのスポーツを支持するため正式なパートナーシップの同意に署名する事で会議が終わりました。
      定期的にスポーツに関わる人の数を増やす事の主導が目的になります。

      総会は、2022年5月31日までUEFAと共に理解(MoU)の覚書を診察する機会でもありました。
      合意はECAとUEFA間の強い協力関係を補強するだけでなく、新しい基準もクラブと全国協会の関係で設定し、クラブへ資金提供のトップレベルの統轄とシェアを増やす大きな役割を提供します。

      MoUに関しても、ECA代表がUEFA常務会に参加することで、UEFAクラブ委員会の役割を増やし、クラブの間での収益の分配のために、新しいメカニズムを導入します。

      さらに、ECAが世界レベルで意思決定プロセス行なうため、2022年12月31日までFIFAとの協同一致に署名しました。
      合意はFIFAワールドカップによって発生するクラブ利益の分配を決定し、FIFAレベルでクラブの利益を集める(例えば国際試合日程を作成することでの)ために、ECAに委任を提供します。

      これに加えて、クラブを守るプログラムを有効に存続し、将来国際的な女子フットボールもカバーします。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK