21.06.2015 08:24 - in: チーム S

    Fantastic February!

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスの国内2冠に向け、カップ戦でパルマに勝利し、セリエAではミランとアタランタに勝利しウディネーゼとチェゼーナには貴重なドローとなりました。

    ホームでのエラス・ベロナ戦を大量得点でベスト16を勝利した後のコッパ・イタリア準々決勝で、ユベントスは1990年代を通してライバル関係であったパルマとの対戦になりました。

    しかし、対戦に近づくパルマは、ジャンフランコ・ゾラとファウスティーノ・アスプリージャの頃と多くの部分で異なりました。
    パルマはセリエAで降格の危機と財政的な問題によりチームはどん底にありました。

    そんな困難が進行中であったが、ロベルト・ドナドーニの選手達は1月下旬のスタディオ・エンニオ・タルディーニでのカップ戦を立派に戦い、このような困難が必然的に結果につながっていない事を確実にしました。

    均衡した試合内容であったが、ピッチ上では挑戦的なプレーが見られました。ジョルジョ・キエッリーニとラファエレ・パラディーノが早々にチャンスを向かえ、元ユベントスのアントニオ・ノチェリーノがボレーシュートの決定機を迎えました。

    しかしゴール前でのアクションは少なく、マッシミリアーノ・アッレグリ監督は選手を入れ替えます。
    最初にポール・ポグバがビダルに変わりは入り、アルバロ・モラタがキングズレー・コマンの変わりに入り、ユベントスは89分に堅い守備のパルマから得点を奪います。

    延長戦が近づく所、モラタはフェルナンド・ジョレンテのパスを受け、3月にフィオレンティーナとの準決勝を確実にするゴールを決めました。

    アッレグリ監督のチームは4日後にも試合があり日曜日のウディネーゼとの対戦へスタディオ・フリウリへ旅立ちました。

    ユベントスにとって難しい試合になりました、勇ましくて積極的なウディネーゼは堅い守備で試合を戦います。

    ユベントスのこの試合2度の最高の決定機は後半に訪れました。ロベルト・ペレイラのシュートはポストに阻まれ、終了間際のカルロス・テベスのシュートは決まらず。

    スコアレス・ドローであったがローマがエンポリにホームで引き分けたため、勝ち点7差は変わらずユベントスはセリエAで首位をキープします。

    6日後に、ユベントスは、ユベントス・スタジアムでミランを迎え、アッレグリはミランに対し2勝目を挙げます。

    先制したのはユベントス。15分にオフサイド・トラップをかいくぐりカルロス・テベスがディエゴ・ロペスを避けゴールを挙げトリノを熱狂に包みます。

    セットプレーからのルカ・アントネッリが同点弾を奪ったが、レオナルド・ボヌッチがゴール前の競り合いでボールを押し込み、ユベントスは直ぐにリードを回復します。

    そして、4年連続スクデットを狙うユベントスに重要な勝ち点3は後半に確実になります。クラウディオ・マルキジオの鋭いミドルシュートの跳ね返りを、モラタがダイレクトで空のゴールに押し込みました。

    最下位から2番目に着けているチェゼーナとの対戦は、 ディノ・マヌッツィで2-2と同点で終わり、チェゼーナはユベントスから勝ち点を奪った6チーム目となりました。

    この夜の立ち上がり主導権を握ったチェゼーナは17分にユベントス守備陣の連携ミスとジジ・ブッフォンからミラン・ジュリッチが先制点を奪いました。

    しかし、10分後にユベントスは同点にします。ポグバのクロスをモラタが頭で合わせセリエA2014/15シーズン6ゴール目となる同点弾を叩き込みます。

    そして、ユベントスがリードするまで長く待つ必要はありませんでした。30分を過ぎた所ルースボールをマルキジオが詰め逆転。

    チェゼーナは70分に フランコ・ブリエンザが同点ゴールを奪う。その後ペナルティーエリアでステーファノ・ルッキーニがハンドの判定でPKのテャンスもビダルのシュートは枠を外れてしまいました。

    傷を癒す満足ではなく、アッレグリ監督は次の試合で勝利の道へすぐに戻りました。そして、ユベントス・スタジアムで2-1でアタランタに逆転勝利をします。

    立ち上がり、ユベントスはボールを支配しチャンスを作った物の、前半中頃に先制点を掴んだのは残留争いをしているアタランタでした。
    ウルビー・エマヌエルソンのコーナーをジュリオ・ミリアッチョがヘディングシュートで合わせると、ポストを叩きゴールイン。

    ユベントスは長い時間リードを許しません、最初に39分ゴール近くでこぼれ球をフェルナンド・ジョレンテが押し込んで同点にすると。

    マエストロ・アンドレア・ピルロが自身で逆転ゴールを挙げます。
    ゴールから25ヤードの距離からピルロがハーフタイム前に素晴らしいシュートをゴールに納めます。

    そして、トリノでのチャンピオンズ・リーグベスト16ボルシア・ドルトムント戦ファースト・レグへ選手達は準備を始めます。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK