24.06.2015 12:28 - in: チーム S

      Fifty years on, Juve and Ferencvaros meet again

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      1965年のユベントスのインターシティーズ・フェアーズカップ決勝の対戦相手フェレンツヴァーロシュの黄金時代に関する展示会の為にユベントス・レジェンズはブタペストを訪れました。

      1960年代のフェレンツヴァーロシュ・トルナ・クルブの黄金時代に関する展示のオープニング・レセプションに出席するために、3人のユベントス・レジェンズは、ハンガリーを訪問しました。

      この黄金時代でフェレンツヴァーロシュは、1965年6月23日にインターシティーズ・フェアーズカップ決勝をトリノでユベントスと戦い1-0で勝利し
      大陸でのメジャータイトルを獲得したハンガリーで最初のチームとなりました。

      ジャンカルロ・べルチェリーノ、ブルーノ・マッツィア、ジーノ・スタッチーニの3人その決勝戦でユベントスの選手として出場していました。そして、アカデミー・チーフ・ステーファノ・ブラギーヌと共に、フェレンツヴァーロシュ取締役(ガボール・クバトフ会長、CEOパル・オロス)と昨年オープンしたグルパマ・アレーナ内、フラディ・ミュージアムで会談しました。

      この新しいスタジアムと直近の成功として2014/15シーズンの優勝トロフィーとハンガリー・リーグ・カップ、ハンガリー・スーパー・カップの優勝トロフィーを掲げています。

      ブラギーヌは話しました。
      「クラブを代表して、この素晴らしい式典に参加招待を受けたことに感謝を表明したいです。
      ユベントスとフェレンツヴァーロシュはそれぞれのクラブ史で良い時も悪い時も経験しましたが、ヨーロッパの舞台での決勝で直にもう一度戦える事を望みます。」

      ジーノ・スタッチーニは以下のように付け加えました。
      「1959年に、我々はハンガリーのチームと対戦し、我々が決して忘れない選手達がチームでプレーしていました。
      マトライ、ヴェルガ、フェンヴェシとアルベルトが、誰でも現役中に観たがった選手達です。
      アルベルトは、ヨーロッパのゴールデン・シューズを受賞した後、イタリアで大いに賞賛されました。

      パル・オロスとラヨシュ・ティシーまたはプシカーシ、シボアとブダイとの対戦は常にタフでした。
      それでこの年の決勝で我々は上手くプレーができませんでした。しかし、ここで再び、その試合でプレーしたした人たちと会う事がは大きな喜びです。」

      今回のブダペストへの旅行は、ユベントス・レジェンズが主導するまた別の取り組みの1つです。
      5月の日本での親善試合のような国際的な活動と共に、ダビド・トレセゲによってリードされる基金調達プロジェクトのユネスコ・カップ(9月8日ユベントス・スタジアム)、商業協力協定(メキシコのユベントスのオフィシャル・ビールメーカーTecate)等、忙しく働いています。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK