04.03.2015 16:08 - in: チーム S

    Fiorentina’s road to the Coppa Italia final four

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ホームでアタランタに勝利し、記憶に残るスタディオ・オリンピコでのローマとのアウェイ戦に勝利したヴィンチェンツォ・モンテッラのチームは準決勝でユベントスと戦います。

    フィオレンティーナは、ベスト16でアタランタに3-1で勝利し、スタディオ・オリンピコで準々決勝ローマに2-0で勝利し木曜日に準決勝ユベントス戦を向かえます。

    フィオレンティーナのコッパ・イタリアは、1月のアタランタ戦、開始30分でマリオ・ゴメスとフアン・クアドラードの雷の様なプレーで完璧なスタートを切りました。

    アタランタは、ハーフタイムの前にロランド・ビアンキがエリアの端から低いシュートで点を奪いましたが、フィオレンティーナはマルコス・アロンソが退場したものの、試合残り時間をフィオレンティーナがベスト8へ突破するのを見届けることになりました。

    ローランド・ビアンキが箱の端からの低いシュートでターゲットを攻撃したとき、アタランタはブレークの前に赤字を減らしました、しかし、それはフィオレンティナ(その人はマーカス・アロンゾを遅く休みを送らせました)がゲームの残りをローマとの最後の8つの会議を始めるために見届けたように、単なる慰めを証明することでした。

    ゴメスは、昨年ローマでの最終節に続きコッパ・イタリアでもローマから得点します。後半サポーターの前で2得点を奪うとローマを競争から脱落させます。

    65分にマヌエル・パスクアルのクロスをゴールの至近距離でローマのゴールキーパー、ウカシュ・スコルプスキの上からゴールを奪います。
    そして試合終了数秒前、忘れがたいアウェイ勝利を決定するゴールを決め、ヴィオラの為の勝利になりました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK