19.06.2015 10:27 - in: チーム S

    From Napoli to Napoli, breaking that San Paolo jinx

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    2014年を締めくくるカタールでのイタリア・スーパーカップ決勝、引き分けたインテル戦そして、新年の勝利したナポリ戦

    中断期間前にセリエA首位ユベントスは、もう一つイタリア・スーパーカップという目標がありました。


    この夜の戦い、ユベントスが2度リードしたが、延長にもつれ込み2-2のドロー後、ペナルティーキックでナポリが劇的な6-5の勝利をしトロフィーが贈られました。

    開始直後カルロス・テベスは、ナポリディフェンス陣のミスからボールを奪うとキーパーとの1対1を決め先制するが、その後、後半中頃にイグアインがヘディングシュートを決め同点に追いつきます。

    延長戦に入ると、マッシミリアーノ・アッレグリ監督の選手達は、幾つかのチャンス後テベスはエリア端からゴールを再び奪い、ゴール裏のユベントス・サポーターに興奮を贈りました。

    しかし、イグアインがこの試合2点目となる同点弾を奪い、PK戦に持ち込まれます。最終的にナポリがこのPKを制する事になりました。

    2015年のユベントス・スタジアムでのユベントスは、インテルとの163回目のイタリア・ダービで、追いつかれての引き分けで勝ち点を分け合う事からはじまりました。

    5分にビダルが素晴らしいクロスを挙げるとカルロス・テベスが飛び込み先制点を挙げ夢の様な立ち上がりを開始しました。

    ユベントスにはリードを広げるチャンスがあったが、インテルは後半中頃グリアンのスルーパスを受けたイカルディが同点ゴールを決め追いつき、このまま試合終了。

    終了のホイッスルの後、アッレグリ監督は振り返りました。
    「我々が2015年最初の試合で勝つことができなかったのは残念です。
    我々はこの試合の難しさを解っていました。しかし、我々は最初の45分で今シーズンで最高のパフォーマンスの1つを行ないました。そして、大きな取引で、無失点に抑えました。

    ですがそれから、我々は道に迷いこんでしまいました。
    我々は、50分だけでなく試合全体で戦えるように改善し維持しなければいけません。」

     

    ユベントスとナポリ - 5日後にサン·パオロで最も多彩な攻撃2チームの対戦となり、アッレグリ監督が要求する一貫したクオリティの戦いで完璧な力で戦いました。

    12月のスーパーカップ敗北のリベンジを果たしたいユベントス、29分のポール・ポグバのボレーが試合の均衡を破り、ユベントスはセンセーショナルな攻撃でリードします。

    後半に入るとミゲル・アンヘル・ブリトスがコーナーから同点弾を叩き込み試合を振出しに戻します。
    しかし、ユベントスはマルティン・カセレスがアンドレア・ピルロのフリーキックをボレーで捉え、再びリードを手に入れます。

    最後の数分ナポリの強烈な攻撃の中、ユベントスは流れを呼び込みカウンターを仕掛け、アディショナルタイム4分でアルトゥーロ・ビダルが冷静に勝負を決めました。

    10月の3-2で勝利したローマ戦以来の先発メンバーに戻り最高の戦いをしたカセレスはコメントしました。
    「今夜は重要な勝利であり、私は個人的に幸せで、またチームとってもです。
    私には試合に出られない期間がこんなに長く起きた事がないので、私にとって難しい時でした。」

    ユベントスは追いかけられる立場として、他のチームを引き離す事が重要であるというだけでなく、アッレグリ監督の選手達がサン・パオロで14年振りの勝利を挙げる事ができました。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK