02.02.2015 03:28 - in: チーム S

    Goalless in Udine

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    スタディオ・フリウリでユベントスとウディネーゼは、スコアレスドローで勝ち点を分け合いました。

    スタディオ・フリウリでのウディネーゼ戦は0対0の引き分けに終わり、勝ち点を分け合い、ユベントスはセリエAの首位で2位との勝ち点さ7点を維持しました。

    敵地でユーヴェは勇ましく攻撃的なウディネーゼと戦わなければなりませんでした。ウディネーゼは中盤でスペースを支配し、結果のために疲れを知らないかの様に戦いました。

    マッシミリアーノ・アッレグリの選手達に、後半得点機会がありました。ロベルト・ペレイラのシュートがクロスバーを叩き、試合修了間近カルロス・テベスが決定機を迎えた物の、得点出来ませんでした。

    開始15分、アンドレア・ストラマッチョーニのウディネーゼは、サポータの前ユベントスの3連勝を終わらせる為に動きました、
    ミッドフィールダーのブルーノ・フェルナンデスの最初のタッチはアントニオ・ディ・ナターレへの正確なパスによって形作られ、度々シュートまで持ち込まれました。

    ユベントスはウディネーゼのリズムに合わせるのに苦戦しました。ウディネーゼに対して攻撃を仕掛けますが、23分、シリル・テレオーの素早いカウンターをジジ・ブッフォンがセーブ。
    そして、アンドレア・ピルロのコーナーキックからのフェルナンド・ジョレンテのヘディングはゴールから数センチ上へ。
    コーナキックからフェルナンデスの20ヤードのドライブシュートは、ゴールキーパーがブロックしました。

    前半、テベスとジョレンテの疲れを知らないかの様な動きにより70パーセントのポゼッションを保持していましたが、ユーヴェに決勝点をとる事が出来ませんでした。そして、同じ様に後半も続きました。
    ストラマッチョーニに従う、思い切りの良いウディネーゼ一と、アッレーグリの選手達は戦わなければなりませんでした。

    試合中、最高のチャンスはペレイラの足に落ちてきました。58分にペナルティエリアでジョレンテの丁寧な折り返しからペレイラが強烈なシュートを放ちますが、アンラッキーな事にクロスバーを叩きます。

    67分にアルバロ・モラタを投入。試合終了間近にテベスがエリア内で決定機を迎えた物の、得点することが出来ませんでした。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK