17.03.2015 12:16 - in: チーム S

    Heroes of the Westfalenstadion

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    インスピレーションが、水曜の夜に必要?それならボルシア・ドルトムントのスタジアムでアズーリがドイツ代表から勝利を挙げた2006年ワールドカップ準決勝以外にはありません。

    ユベントスは、水曜日夜のヴェストファーレンシュタディオンでのボルシア・ドルトムントとの対戦にむけ2006年のイタリア代表のヒーローたちからインスピレーションを得ます。

    80,720人収容のドイツで最も大きいサッカースタジアムで、イタリア代表は開催国ドイツと劇的なワールドカップ準決勝を行いました。

    24,000人の内、恐ろしい過激なサポーターのムードが西側ゴール裏を占領し、イタリアのプレーにブーイングを行い、ユルゲン・クリンスマンの選手達を鼓舞しました。

    熱い空気の中に経験豊かな頭脳が必要で、元ユベントス監督マルチェロ・リッピは、過去、現在、将来のユベントスの選手を総括する強いチームを作りました。

    ゴールには、大会最高のゴールキーパーでヤシン賞を獲得し続ける男ジジ・ブッフォンがおり、

    3人のバックラインには、ジャンルカ・ザンブロッタ、バロンドールを獲得した、ファビオ・カンナバーロ、2011/12シーズンの終わりに引退しユーヴェのプリマヴェーラのコーチになったファビオ・グロッソが揃っていました。

    ミッドフィールダーの中心には、2011年にユベントスに加入するゲームメーカーのアンドレア・ピルロが、サイドの両ウイングには、マウロ・カモラネージとシモーネ・ペッロッタがいました。

    フォワードには、バイエルン・ミュンヘンで3年間ブンデスリーガでゴールを量産したルカ・トーニおり、大会の5シーズン後2011年1月にユベントスに加わり14試合に出場しています。

    ベンチには、アンドレア・バルツァッリとユーヴェのレジェンド、アレッサンドロ・デル・ピエロとウディネーゼでゴールを量産し2007年にユベントスに加入した、ヴィンチェンツォ・イアクインタがいました。

    90分両チーム無得点で決着がつかず、と延長の30分に突入しました。
    ペナルティーキックで強いドイツ代表を注意し、イタリア代表はカンナバーロを中心とした守備から攻撃をしますが、途中交代のアルベルト・ジラルディーノのシュートはポスト、ザンブロッタのドライブシュートはバーを直撃します。

    しかし、ブッフォンがファインセーブしたルーカス・ポドルスキが、ダビド・オドンコールのクロスから決定機など、ドイツも脅威の攻撃を仕掛けます。

    ペナルティーキックへの時間が迫る終了1分前も、ピルロのすばらしいスルーパスを、グロッソがシュートを放つとイェンス・レーマンの指をかすめゴール。

    グロッソは、1982年スペイン・ワールドカップ決勝の勝利でマルコ・タルデッリの雄叫びの記憶を思い起こすゴール・セレブレーションで喜びを表しました。。

    しかし、試合はまだ終わっていませんでした。残り60秒でドイツは死にもの狂いで攻撃しますが、カンナバーロがボールを奪います。

    スペースに走り込んだジラルディーノへパスを受けるとチャンスになります。
    ボックスの中心へ切り込み、外を走り込んだでデル・ピエロへパスを送るとゴール右隅へ決め2-0勝利を決めました。

    後は我々が知っている歴史の通りです。
    ユベントスは水曜にドイツで、イタリア代表のヒーローたちと同じ様に勝ちたいと思っています。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK