19.05.2015 04:49 - in: チーム S

    #InterJuve, the statistics

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ミラノでのインテル戦逆転勝利の主なデータ

    マウロ・イカルディ先制点をクラウディオ・マルキジオとアルバロ・モラタのゴールでひっくり返し2-1で勝利を納めたが、
    インテルは、既にスクデットを獲得しているユベントスに対し勇ましく戦いました。

    走り続ける事でインテル戦の勝利を手にしました、インテルは直近のユーヴェとの10試合で1試合しか勝っておらず、逆にユベントスは6勝しておりのこりは3試合の引き分けになっていました。

    インテルは、65パーセントとユベントスよりもボール支配率で上回り、よりパスの回数を630対326と成功させたがフィニッシュでの精度があまり良くありませんでした。

    ユベントスは、2010年4月移行サン・シーロでのインテル戦無敗記録を広げました。


    4

    今シーズンのセリエAでの逆転勝利試合の数

    8

    モラタのシュート数。モラタの今シーズンのセリエAでの試合で一番多いシュート数です。

    21

    インテル、ロベルト・マンチーニの選手たちのファウル数。正確に3分の2ほどユベントスより多いです。

    32

    PKによる同点弾をマークしたマルキジオのセリエAでのゴール数。

    42

    マルキジオによって成功したユベントスのパス数と。マルキジオは2度の決定機も演出しました。

    50パーセント

    ユベントスのゴール枠内へのシュートの可能性。4つの決定機と、2ゴールを記録。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK