17.05.2015 05:35 - in: チーム S

      Juve battle back to silence the San Siro

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ユベントスは、クラウディオ・マルキジオとアルバロ・モラタのゴールがマウロ・イカルディ先制点を引っくり返しミラノでインテルから勝ち点3を奪いました。

      クラウディオ・マルキジオのPKと後半のアルバロ・モラタの決勝点で、インテル、マウロ・イカルディの先制点を引っくり返しユベントスはサン・シーロでインテルから勝ち点3点を奪いました。

      ヨーロッパ・リーグ出場のためには勝利が必要なインテルは、イカルディが開始9分にマルセロ・ブロゾヴィッチのシュートをそらしマルコ・ストラーリがセーブ出来ず、先制点を挙げます。

      しかし、週半ばマドリードでの試合からいくつか選手を変更したユベントスは、アレッサンドロ・マトリがネマニャ・ヴィディッチにボックス内で倒され、マルキジオがこのPKをゴールし前半終了前に引き分けに持ち込みます。

      そして、83分にモラタのシュートをサミール・ハンダノヴィッチがダイビングしセーブを試みるもタイミングを誤りファンブル、これがそのままゴールインとなりました。

      ユベントスに対して得点を挙げ続けているユベントスキターのイカルディは、開始から攻撃をしかけます。
      2分にエリア内でシュートを放ち、マルコ・ストラーリがダイビング・セーブでゴールを守ります。

      7分後に、偶然のとも言えるイカルディの決定機を向かえます。
      ボックスの端からブロゾヴィッチがシュートを放つとイカルディに当りボールの方向が変わり、ストラーリの不意をつき止められずこれが先制点に。

      その後ユベントスは反撃にでます。
      前半ステファン・リヒトシュタイナーとロムロがクロスをインテル側へ放り込むとユベントスはアタッキングサードで戦う機会を生み出します。

      この期間で俊足を活かしたモラタが最高の決定機を生みますが、枠外へ。

      インテルの攻撃は、ロドリゴ・パラシオがゴール至近距離でボールに触れるもストラーリがこの決定的なチャンスをセーブ。
      39分にもインテルはリードを広がるチャンスが転がります。ジェルダン・シャチリのシュートにストラーリは動けなかったがポストに当りました。

      2分後の41分、マトリが積極的に攻め上がるとヴィディッチがペナルティーエリア内で倒していまいこれがファウルに、マルキジオがこのペナルティキックを決め、彼のセリエAでのインテル戦11試合中3ゴール目が同点弾になりました。

      後半も攻撃のペースは落ちません、さいしょにモラタが決定機を向かえます。

      チームをフレッシュにする為に、アッレグリ監督はマトリに替えジョレンテを投入、3バックにするためにリヒトシュタイナーに替えオグボンナを投入しました。

      インテルのダンブロージオがが71分にコバチッチのクロスからファーポストでボレーを放つがこれも決まらない。

      輝きの瞬間のように、均衡した試合を解決します。
      レアル戦でのヒーローモラタがシュートを放つと、ハンダノヴィッチが飛び込んでセービングを試みるも、タイミングを誤りこのままゴールし逆転に成功。

      ユベントスはストラーリが決死のセービングを繰り返し、イカルディのゴールへのアプローチもパラシオの左足のシュートもゴールを許しません。

      しっかりとこの試合を勝利し、水曜日の夜の首都でトロフィーを持ち上げるためにコッパ・イタリア、ラツィオ戦を向かえトロフィーを持ち上げるためアッレグリ監督と選手達は向かいます。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK