08.06.2015 10:34 - in: チーム S

    #JuveFCB, the statistics

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    土曜日の夕方ベルリンでのチャンピオンズ・リーグ決勝はバルセロナがに3-1で勝利し、勇敢なユベントスのパフォーマンスは十分でありませんでした。

    ユベントスはベルリンでの土曜日の夕方のチャンピオンズ・リーグ決勝バルセロナ戦を3-1で破れ、ヨーロッパでの夢へはあまりに遠くいステップをとなりました。

    公式にチャンピオンズ・リーグ決勝市場3番目に早い前半4分のイヴァン・ラキティッチのゴールを先制に、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームは、19年ぶりの優勝へ向け勇敢に戦いました。

    アルバロ・モラタが後半の初め、ヨーロッパでの7試合5ゴール目となる同点弾で同点にすると、ユベントスは望みを取り戻しました。

    しかし、ルイス・エンリケの選手達、ルイス・スアレスとネイマールの反撃による、2ゴールで勝利を確実にしました。


    3

    クラウディオ・マルキジオが作ったチャンス数。バルセロナのラキティッチの4つだけが上回る統計です。

    3

    ユベントスの三人組、アンドレア・バルツァッリ、ステファン・リヒトシュタイナー、そしてアルトゥーロ・ビダルのインターセプト数。

    4

    パトリス・エヴラの対戦時タックル勝利数。エヴラも、3本のクロスを相手エリア内に放ちました。

    5

    ジャンルイジ・ブッフォンのセーブ数。また、ジジは7回の良いロングパスを蹴りました。

    9

    印象的なレオナルド・ボヌッチの印象的なリカバー数。

    69

    アンドレア・ピルロのタッチ数。中盤でマエストロは39回パスを成功させ、ユーベの中で最も高い集計となりました。

    100

    カルロス・テベスのドリブル成功率。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK