22.05.2015 04:29 - in: チーム S

    #JuveLazio, the #Camp10ni statistics

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    スタディオ・オリンピコでのラツィオ戦、延長での2-1の勝利は、ユベントスの前例のない10回目のコッパ・イタリア優勝になります。

    スタディオ・オリンピコでのラツィオ戦、延長戦2-1での勝利でユベントスは最初のコッパ・イタリア10回目の優勝チームになりました。

    1995年以来のカップ戦を制したユベントスは、わずか4分でステファン・ラドゥのヘディングで失点、これは今シーズンで最速の失点になりました。

    しかし、ユベントスはすぐに試合を振り出しに戻します。ジョルジョ・キエッリーニのアクロバティックな同点ゴールはラツィオ戦で通算5ゴール目となりました。
    ラツィオはキエッリーニに対して相性の良い相手になっています。

    均衡した両チーム、2009年以来の決勝での延長戦となり、アレッサンドロ・マトリの今シーズン、ユベントスでのコッパ・イタリアで2ゴール目となる決勝点でユベントスは勝利を決めました。

    ユベントスはクラブの歴史で3度目の国内二冠となりました。1959/60シーズンと1994/95シーズンに国内二冠を達成しています。


    2

    クロスは、疲れを知らないウイングバック・ステファン・リヒトシュタイナーとパトリス・エヴラによってラツィオのボックスへ送られました。

    5

    カルロス・テベスが中盤で攻撃の柱として通したショートパス。

    7

    アルトゥーロ・ビダルのタックルは勝利数。彼はまた、チームへ2度チャンス作り、102回のタッチ数をリードしました。

    7

    キエッリーニの重要なブロック数。チームの合計22回のほぼ3分の1の数です。

    16

    マルコ・ストラーリとアンドレア・ピルロが送った良い長ロングパス(格7回)。

    78%

    新コッパ・イタリア・チャンピオン中盤での争いでのタックル成功率。

    601

    スタディオ・オリンピコで記録したユベントスの合計パス数、70回はレオナルド・ボヌッチからのパスです。

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK