12.06.2015 06:22 - in: チーム S

      Juventus and UNESCO offer hope to RCA youth

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ダビド・トレセゲとユネスコは、バンギの芸術教育センターを訪問しエキシビションマッチに参加しました。

      2013年に中央アフリカ共和国に打撃を与える紛争の影響を受けた子供たちの社会復帰のため、教育とスポーツを共に行なう事を、ユベントスとユネスコは目撃しました。

      同国は1年以上荒れ狂った危機から抜け出しています。そして、何千もの子供たちの過程において脆弱です。

      首都バンギで推定6,000人全国で10,000人の子供兵へ、自給と自立に向けた道を作り若者へ助けを行なう必要があります。

      ユベントスにより提供される資金は復帰プロセスの歯車を動かす際に重要となり、ユベントス・レジェンズのリーダー、ダビド・トレセゲとユネスコの副会長エリック・ファルトよって自ら目を向けられました。

      バンギ郊外2キロメートル位置する芸術と商業学校にトレゼゲは訪問しました。
      子供たちは2列に並び、熱心に彼の登場を待ちました。
      そして、『ダビド… トレゼゲ、ダビド… トレゼゲ』と歌い、旗と写真を掲げました。

      車から降りた後、熱烈な拍手と歓声と共に少女からの花束を渡されました。
      教師と生徒のたゆまぬ努力からクラブ大使はプロジェクトについての学習し、ツアーを開始しました。

      プロジェクトは元子供兵や脆弱であると考えられる人、100人の子供で構成され、今年3月に生活が始まってから、現在はトレーニングの最初のラウンドを行なっています。

      ここでは、彫刻された革細工、溶接、宝石製造、バスケット織物と木工を含むより明るい将来への支度が専門的な能力と実務的な作業を学びます。

       

      しかし、とある1つの特定の技術は、最優先で主導されています。

      「読み書きの能力への教育は、我々が成し遂げようとする最も重要な事です」と、ファルト氏は言います。
      「彼らが読み書きする事ができる、知ることによって、大きい差が生じます。
      その後、我々は、彼らを独立への道へ送る基本的な技能を身につける手助けをします。

      「独立させ、社会に復帰することが本来贈り物です、彼らは人生は彼ら自身のためにあります。
      我々がここで出会う子供達は、既に新しい世界に入りました、もしあなたが1年前のここを観たら、完全に異なる場面を目撃したでしょう。」

      「それは、あらゆる点でポジティブな経験でした」と、トレゼゲは話します。
      「私は素晴らしい歓迎をされ、子供達が大切な将来へ備えているのを見る機会がありました。
      成長したいという彼らの願いを見ることができ、彼らは自分自身を見つけるような状況から抜け出します。

      世界を旅し、いくつかの厳しい環境を訪問したユネスコと並びここにいることは重要です。
      我々は共に働き続け、団結し目的を達成します。」

      教室のための実践的なスキルを磨くために設計された教員研修センターを訪問した後、代表団は『スタッデ・ヴァン-ミル・プレイセス』で学校の生徒と先制のエキシビションマッチを行ないました。

      キックオフの3時間前に、トレゼゲの出場のために観戦客が集まりました。

      フットボールに対する情熱は両教育センターへの昨日の朝の訪問によって十分に明確でなかったが短い観察は美しいゲームに対するバンギの熱意を確かめました。

      そして、スポーツには、ファルト氏の目線で、困難な社会的統一のための基本的なツールとして役に立つ可能性があります。

      彼は以下のように述べました。
      「スポーツは、対立によって裂けた社会を統一することもありえます。我々はそれをここで見ました。
      スタジアムではなく、我々は子供たちが通りでフットボールをしているのを見ました。

      トレゼゲは、彼らが決して近くすることができなかった遠くの存在ともとれる多くの人々への英雄です。
      今日、彼らは彼に障り、彼と握手して、手を振って、彼の名前を唱えました。」

      トレゼゲのプレーを観るために一日の最大の歓声は、時に3,000強の青年スポーツ大臣を含む観客が訪れました。
      最初トレゼゲは教師チームとユベントスの黄色いユニフォームを着ました。

      その後ハーフタイムで伝統的な白黒のストライプに身を包み、学生チームに手をを貸し、トレゼゲはゴールし4-0で学生チームが勝利しました。

      この経験を振り返りトレゼゲは話しました。
      「誰にとっても楽しい時になりました。
      彼らがフットボールの大きなサポーターで、ユベントスの大使として最善を尽くすために私を駆り立て、私を観に来ています。そして、私の役割はおそらくこのような事を行なうことです。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK