02.04.2015 04:24 - in: チーム S

      Juventus international round-up

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Juventus.comは、マッシミリアーノ・アッレグリ監督のユベントスが活躍した国際試合のまとめます。

      7人のユベントス戦士が3月最後の火曜日に国際試合へ向かいました。

      ステファン・リヒトシュタイナーは、スイス代表としてチューリッヒでアメリカ代表と親善試合を行い45分出場し1-1で引き分けました。

      アメリカはブレック・シェイの素晴らしいフリーキックで先制しますが、ジョジー・アルティドールが異議で退場。
      数的有利に立つスイスはヴァレンティン・シュトッカーが同点ゴールを決め引き分けました。

      そして、キングスレー・コマンのフランスU19代表はスタッド・ルイ・ヴィルメールでヨーロッパチャンピオンシップ予選ラウンドをイングランドU21代表と戦い2-1で勝利しましたが、コマンは出場しませんでした。

      フランスU21代表は、セール・ギラシとマックスウェル・コルネットの2得点でリードし、イングランドはパトリック・ロバーツが試合終了残り10分にゴールしますが追いつかず、フランスU21代表が勝利しました。

      アルバロ・モラタのスペインは、アムステルダムでオランダと親善試合を行い2-0で敗北しました。
      ステファン・デ・フライとデイビー・クラーセンの2ゴールで決着がついた試合、モラタは最後の28分間出場しました。

      一方同時刻、トリノのユベントス・スタジアムで、イタリアとイングランドが親善試合を戦い1-1で引き分けました。

      ユベントスの3人ジジ・ブッフォン、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニが出場し、キエッリーニはグラツィアーノ・ペッレのヘディングゴールのアシストを演出しました。
      イングランドは、交代で入ったアンドロス・タウンゼンドが残り11分に同点弾を決め引き分けへ。
      アンドレア・バルツァッリは出場が叶いませんでした。

      最後に、ロベルト・ペレイラとカルロス・テベスが共に後半途中交代で出場したニュージャージーのメットライフ・スタジアムで行われた2-1である全治が勝利した親善試合エクアドル戦です。
      58分にハビエル・パストーレが決勝点を決め、アルゼンチンが勝利しました。

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK