15.06.2015 09:14 - in: チーム S

      Juventus & UNESCO building for a better future in Mali

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      ダビド・トレセゲとエリック・ファルト氏は、協同に資金提供を行なっているプロジェクトの1つである12歳から17歳の若者の再出発を助けるバマコのTEMEDT教育センターを訪問しました。

      ユベントスとユネスコのマリ滞在は土曜日にTEMEDTセンターへの訪問で始まりました。2012年1月の紛争に続き、社会復帰プロジェクトが確立されました。

      マリの歴史上、先例のない政治問題での国の危機、反乱軍がイスラム法を広げ、マリ人をフランスの植民地の遺産から解放するつもりで、北部を占有し始めました。

      反乱軍の作戦行動は、戦闘と関連する要員チェックポイント、パトロール、囚人警備と対立する軍隊との直接の争いなどの仕事のために、子供たちの移住と補充を必要としました。

      若者の何人かは家族から離され、サハラ砂漠の南の端トンブクトゥ、そして北の最大の都市ガオからバマコまで移動されました。
      地元当局とユネスコが協力し、両親との再会や里親家族との出会いで明るい未来の構築を支援します。

      トンブクトゥはもともと代表団の目的地として予定していたが、国連に対する最近の攻撃や脅威で治安状況が危うくなっています。

      TEMEDTセンターが集点を構成しているガオおよびトンブクトゥの両方をユベントス・レジェンズのリーダーダビド・トレセゲとユネスコの対外広報及び副会長のエリック・ファルト氏は土曜日に見学し、
      市民社会への12歳と17歳の子供たちの復帰をユベントスの資金が主導で供給されます。

       

       

      まず2006年にオープンした、TEMEDTセンターは、50人の若者がユベントスとユネスコのプロジェクトによって場を提供されました。
      第二段階が始まれば、100人まで増加するように設定されています。

      子供達を危険から切り離し安全な環境で計画の第二段階で5段階の1日につき2時間合の計300時間を、読書、文書と算数に費やされの基礎を確立することになっています。

      一度これらが達成されると、より技術的なプログラムで、若者は将来のキャリアへ学ぶことができ、オプションで大工仕事、ファッションデザイン、自動車整備士のトレーニングを続けることができます。

      スポーツと文化はまた、サッカー、バスケットボール、伝統舞踊からなる、将来への動きを拡張させる重要なシラバスを持って、7月に実装されることが期待されます。

      トレゼゲとファルト氏らがTEMEDTセンターに到着した時、先行でローカルダンスで迎えられ、TEMEDTプロジェクト長のイブラヒム・アグ・イドバルラナト氏とトンブクトゥ市長のウスマン・ハレ氏の挨拶に導かれました。

      センターに隣接しているピッチでサッカーをしているローカルチーム、ASディアモウの子供達が観客に加わり、トレゼゲと写真を撮りシャツにサインをもらいました。

       

       

      しかし、この日のメインはセンターの子供たちです、そして、トレゼゲとファルト氏はは1対1で彼らと話す機会を利用しました。

      若者達との会話の間、すぐに、かれら若者に直面している事の極悪な重大な影響があったことが解りました。
      しかし、戦争と対立の傷跡がまだ存在する場合、彼らの命は角を曲がり始め、彼らの望みを表しました。

      この進展はユネスコのマリ事務所長ラザール・エロウンドウ氏も同じ事を言いました。
      「彼らが最初に入った時から、私たちは子供たちに見てきましたが、始めとの差は驚異的です。
      私たちは彼らに非常に優しく接します、そして、私たちと一緒に居た2ヵ月後、あなたは重要な改善に注目し始めることができます。」

      家族から離され軍によって動員された13歳の少女は、今から人々が「良いもの」について話す事を聞きたかったと話し代表団の心に触れました。
      最近では、国の議題を支配してきた苦難に終わりをもたらします。

      経験を振り返りトレゼゲは確めるように、ユベントスとユネスコが成し遂げるよう努めている事は対立の罪のない犠牲者のためのトンネルの向こうに見える光です。

      「自分で子供たちと話し、本当に心に触れました」と、彼は付け加えました。
      「彼らは困難な状況を乗り切りました、そして現在、我々はそれが過去の事だと望みます。
      彼らは本当に苦しみましたが、彼らが成長して、彼らの将来を見ることができます。
      上手くいけば、我々は、変えるためにすべき事をし続けることができます。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK