11.05.2015 13:47 - in: チーム S

      Lichtsteiner: “Knuckling down for Real”

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      リヒトシュタイナーは、水曜日のチャンピオンズ・リーグの対戦をプレビューします。「しっかり試合に備える必要がありますが、結果を出す事ができると思います。準備はできています。」

      ステファン・リヒトシュタイナーは、ユベントスが水曜のチャンピオンズ・リーグ準決勝セカンド・レグ、レアル・マドリード戦のアプローチで自信を持ちながらも、勝利と敗退の間でしっかりと準備し臨むと言います。

      ファースト・レグを2-1のアドバンテージで折り返し、12年振りの決勝進出の為にユベントスは、サンティアゴ・ベルナベウへ向かいます。

      しかし、ユベントスがベルリンへ行き夢を叶える為には、昨年のヨーロッパ・チャンピオンとスペインの首位で8万人の観客を前で戦うというハードルを超える完璧な試合を行なわなければいけないとリヒトシュタイナーは認めています。

      Jtvにリヒトシュタイナーは話しました。
      「争いは煮つまり、勝利と敗退の間にあります。

      現時点で最少失点を喫しています。
      レアルはどのポジションでも素晴らしいクオリティがあります。ロナウドだけではありません。
      私たちは、しっかり試合に備える必要があるが、結果を出す事ができると思います。

      私たちはファースト・レグで良いパフォーマンスを行ないました、本当に難しいながらセカンド・レグでも戦わなければいけません。
      私たちは素晴らしい試合を行なう必要があり、準備ができています。」

      今シーズンのチームについての質問で、特に夏に起こった監督交代についてと、「素晴らしい」結果をだした選手全員の「誇り」についてリヒトシュタイナーはコメントしました・

      「リーグを優勝は私たちの目標で、なんとか優勝できた事実は誇りです。
      夏に監督が交代した事は難しい瞬間でしたが、私たちには自信がありアッレグリ監督の経験豊かなコーチングから勝者になったと、私たちは理解しています。
      重要なシーズンを楽しみ、4年連続スクデットを達成できたことは素晴らしい事です。」

      Share with:
      • 1
      • 3
      • 2
      Information on the use of cookies
      This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
      If you want to know more about our cookie policy click here.
      By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
      OK