01.06.2015 15:43 - in: チーム S

    Marchisio: “No fear”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスがチャンピオンズ・リーグの夢を実現させるために全力をつくしているとマルキジオは伝えます。「私たちはバルセロナをリスペクトしても、恐れません。終わるまで、私たちは良い試みで戦いたい。」

    クラウディオ・マルキジオは、ユベントスはバルセロナとの来週の対戦で威圧されないと言い、試合までの5日間で慎重に集中してビルドアップを行ないチャンピオンズ・リーグ決勝で持つ力を最大限に出すと主張しました。

    ユベントス・スタジアムでメディアに話しました。
    「私たちは、バルセロナとの対決は確実に恐れていません。
    こんな重要な対戦を迎えて幸せですし、出来事を得たことで幸せですし、良い緊張感があります。

    シーズンの始めを思い出すと、誰も私たちが決勝へ進出すると思っていなかったでしょう。しかし私たちはここに居ます。
    冷静にビルドアップして、試合に備えます。」

    マルキジオとチームが、土曜夕方にベルリンの彼と彼のチームメイトが土曜日の夕方にベルリンのオリンピアシュタディオンで戦う時、少年時代からビアンコネロの彼はおそらく、チャンピオンズ・リーグ優勝がユベントスにとってどんな意味があるか誰よりも理解しており、1996年の真似ようとしています。

    「私はユベントスが1996年にタイトル掲げるのを見たし、残念な敗北も見ました。
    私たちはファン、サポーターがクラブ自体がどれほど望んでいるか解っています。
    決勝での勝敗の可能性が50/50であることを知る必要がありますが、終わるまで、私たちは良い試みで戦いたい。」

    アスレチック・ビルバオに3-1で勝利しリーグ戦とカップ戦を奪った来週の対戦相手は優勝候補本命のままですが、しかし、ユベントスが最終的な結果が必然的な結果ではないとマルキジオは確信しています。

    「私たちはバルセロナに対したくさんのリスペクトがありますし、このチームには120ゴールを挙げることができる素晴らしいオフェンス部隊があります。
    私たちは団結し強いグループとタフな心臓による組織的なチームです。
    私たちは決勝で屈託なくプレーしますし、クオリティを持っています。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK