08.05.2015 05:54 - in: チーム S

    Marchisio: “No holding back at the Bernabeu”

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    マルキジオは、ユベントスが水曜日のセカンド・レグで準決勝の決着をマドリードでつける時、アドバンテージを持っている誘惑に耐えなければいけないと言います。

    ユベントスは次週水曜日にサンティアゴ・ベルナベウで再びレアル・マドリードとの対戦へ準備が出来ていなければならないと、クラウディオ・マルキジオは話します。

    マルキジオは、ユベントスが火曜日の夜にアドバンテージを得た方法を続け、恐れずに対戦へ臨む事が最善の方法であると思っています。
    そして、ユベントスがこのラウンドでモナコ戦でのミスを繰り替えない様にする必要があると主張しました。

    スカイ・スポーツ・イタリアにマルキジオは話しました。
    「私たちは素晴らしいスタジアムでビッグクラブと対戦しますが、自分自身に集中する必要があります。
    落ち着いて、モンテカルロでしてしまったようなミスを、繰り返してはいけません。
    レアル・マドリードに対して余裕を持つことができません、私たち開かれた試合をしなければなりません。」

    今シーズンのチャンピオンズ・リーグでユベントスは準決勝へ進出し、難しいと思われたここまでの結果の予想を翻しました。

    「私たちに本当に重要な旅になっています。オリンピアコス戦とアトレチコ戦の敗北から今シーズンのチャンピオンズ・リーグは始まりました。
    グループ・ステージ突破も簡単でありませんでした。しかし、私たちは時間と共に成長し、チームの信念でなんとかここまできました。」

    他のチームの優れた経済的な理由に関係なく、ヨーロッパのトップで戦う事はユベントスのようなクラブのため必要だとマルキジオは言います。

    「3年前は、ユベントスはチャンピオンズ・リーグに出れませんでしたが、その後準々決勝へ進出しました。去年はグループ・リーグ敗退したが、ヨーロッパ・リーグ決勝へ近づけました。

    今年、私たちは自分自身を証明しましたし、たとえ私たちよりも多い予算のチームと戦うにしても、自分自身がユベントスの基準である必要があります。
    レアルがどれくらい10回目のヨーロッパ・カップを待たなければならなかったかについて見てみてください。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK