07.06.2015 07:24 - in: チーム S

    Marchisio: "Still a dream journey"

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    ユベントスの今シーズンの結果を誇りに思い、顔を上げて決勝を去ると、若き王子は話します。

    ベルリンでのチャンピオンズ・リーグ決勝後カメラに話しました、クラウディオ・マルキジオは、後半ユベントスが同点に追いついた方法を続ければ勝つ事が出来ただろう思っています。

    マルキジオは、説明しました。
    「私達は前半、この試合が少し難しいと理解しましたが、90分間で高い位置でプレスを続けることは簡単ではありませんでした。
    全てのバルセロナと対戦するチームは落ち着いて守備をしなければいけない。

    私達は、一度同点した後試合をコントロールしバルセロナの寸法を取りました。
    もし私達がなんとかリードすることができていたら、試合は全然違ったでしょう。」

    それでもユベントスは素晴らしい試合を行ないました。
    「ちょうど複雑になりつつある理想の旅でした。
    もちろん、私達がトロフィーを持ち帰れるかどうかは完全に別の問題ですが、この夜のように、私達が過ごした驚くべきシーズンの記憶に残ります。

    新しい監督が入り、彼が最初に言ったことは、ヨーロッパでベストの1つのチームになるという事でした。
    残念ではありません、成し遂げたものを誇りに思います。
    私達は、頭を上げピッチ去ります。」

    驚異的なシーズン後、多くの専門家が、世界最高のミッドフィールダーと並び私達の背番号8を挙げます。
    「そう聴くのは嬉しいです、そして、今夜ピルロのような伝説的な選手、シャビとイニエスタと同じピッチにで戦えた事は名誉でした。
    しかし、私は勝ちたいです。」

    Share with:
    • 1
    • 3
    • 2
    Information on the use of cookies
    This website uses cookies and, in some cases, third-party cookies for marketing purposes and to provide services in line with your preferences.
    If you want to know more about our cookie policy click here.
    By clicking OK, or closing this banner, or browsing the website you agree to our use of cookies in accordance with our cookie policy.
    OK